韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮はICBMと主張するが…米本土攻撃まではまだ距離感

北朝鮮はICBMと主張するが…米本土攻撃まではまだ距離感

北朝鮮が4日、大陸間弾道ミサイル「火星14」(KN-14)型の試験発射に成功したと主張したことで、同ミサイルが朝鮮半島の戦力均衡にいかなる影響を及ぼすのかに注目が集まっている。北朝鮮のミサイル攻撃範囲はこれまで韓国や日本を下回ってきた。北朝鮮は韓国を攻撃する「スカッドB・C」など短距離弾道ミサイル(SRBM)と、在日米軍を攻撃する「ノドン」など中距離ミサイル(MRBM)は比較的早くから保有していた。

しかし、日本を越えて太平洋のグアム米軍基地を攻撃するミサイルは、今年5月「火星12」型の試験発射の成功で、初めて本格的な開発の道が開かれた。今回発射された火星14型が北朝鮮の主張通り、名実共に大陸間弾道ミサイル(ICBM)なら、北朝鮮はもはや米国本土への攻撃能力を備えたミサイル開発に入ることになる。米国本土を脅かせるICBMは、朝鮮半島有事の際、米国の戦争介入を抑制する有力な手段になりうる。したがって、北朝鮮の主張が事実なら、南北間の軍事対決構図にも大きな波紋をもたらすものと予想される。




北朝鮮が同日に発表した内容は、特有の大げさな修飾を除けば、簡単なものだ。火星14型が最大高角で発射され、頂点高度2802キロメートルまで上昇し、933キロメートルの距離を39分間にわたり飛行したということだ。この数値は、韓米情報当局の発表とも大きく変わらない。米太平洋軍司令部は、同ミサイルが37分間にわたり追跡されたうえ、東海に落ちたと発表しており、日本防衛省もミサイルが高度2500キロメートル以上上昇しており、900キロメートルを飛行したと明らかにした。韓国の合同参謀本部も公式発表では飛行距離だけを公開し、930キロ以上だと明らかにしたが、匿名の合同参謀関係者はミサイルの頂点の高度について「2500キロ以上」だと確認した。大統領府関係者は「これまで北朝鮮が公開したミサイルの中で最も進化したもの」だと評価した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
日本政府の動き自体に危機感はない。そもそも北朝鮮が日本上空を飛び越えるようなミサイルを放てば、日本攻撃となるだろうし、北朝鮮の技術レベルの話云々ではない。それ相当の技術が身についてからでは遅いのではないか…。とまり日本本土が攻撃を受けてからでは遅いと言う事だ。日本に向けて発射したミサイルがアメリカ向けであろうとなかろうと、日本政府はしっかりとした対応をしないと選挙大敗の弁を報じているばかりでは困りごとだが…。

ミサイル発射の方向を変えれば中国攻撃となるわけで、中国もしっかりと対応すべきだろうし、アジア周辺国の連携は不可欠となる。まして北朝鮮に寄り添う韓国は、そういう意味では敵となるわけで、在韓米軍はしかるべき処置をとる必要があるのではないかと思うが…。韓国に設置されるべき米軍ではない。今となっては韓国を助ける意味は薄いだろう。トランプ自体も問題だが、それ以上に日本が脅威にさらされることはもっと恐怖となるが…。日本政府は国内でもめている状態ではないし、北朝鮮に対する対応をしっかりと見据えてほしいものである…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月05日 09:52 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(2)
ミニットマンの5~6発も..
 撃ち込んで、サッサと済ませばい
いのに。

 んで、 ミニットマン(米ICBM)5~6
発のうち、 何故か3~4発が、
北京とか上海とか天津とか重慶
に飛んでって。

米国 「わりぃわりぃ、 手元が滑
   っちった、 下手こいたぁ
   ~。 (ペロ)」

とか言い訳すれば?
[ 2017/07/05 17:21 ] [ 編集 ]
明後日は七夕っすから..
 1日でも早くアメリカが北鮮を、
ボッコボコにボコりますようにとか
短冊に書いて笹の葉にぶら下げ
ましょうよ、 みんなで。
[ 2017/07/05 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL