韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本では「これがサービスエリアなのか」・・・中国との違いに愕然

日本では「これがサービスエリアなのか」・・・中国との違いに愕然

トイレ休憩をする場所という枠を超え、もはやテーマパーク化しているともいえる日本のサービスエリア。高速道路の途中で立ち寄るだけでなく、サービスエリアに行くために高速道路に乗るという人もいるほどだ。中国メディアの今日頭条は3日、そんな日本のサービスエリアの魅力を紹介する記事を掲載した。
 
中国のサービスエリアは、お世辞にもきれいとは言えない古めかしい建物に、これまた清潔とは程遠いトイレと小さな売店があるだけだ。中国人の筆者は、日本滞在中にレンタカーで出かけた際に、たまたま立ち寄った海老名サービスエリアで、「中国国内のサービスエリアとの大きな違い」を感じたという。
 
まず、日本のサービスエリアは外観からしてまったく違っていると指摘。日本のサービスエリアはまるでショッピングモールのようで、掲載されている写真からも、夕方の時間で薄暗いながら、きれいで整然としている様子がはっきり見て取れる。中に入ると、大小さまざまなレストランやショップがあり、販売されている商品の種類が非常に多いことに驚いたと振り返った。また、店にはあちこちで行列ができていて、活気があった様子を伝えている。




ケーキ、ホットスナック、寿司、肉まん、総菜など、目移りしそうな食べ物を前にして、筆者は「中国のサービスエリアのことを思い出した」という。食べ物も売ってはいるが種類が少なく、中国のサービスエリアで売られているものといえば、トウモロコシ、味付たまご、インスタントラーメンくらいだ、とあまりの違いに愕然とした様子だ。
 
記事は、日本のような質の高いサービスと整った施設で休息できるサービスエリアが中国にあったら、それは「サプライズ的な喜び」と感じるだろうと指摘。つまり現状では日本のようなサービスエリアは皆無に等しいということだが、いつかは中国も日本のような特色ある親切なサービスを提供できる日が来ることを信じていると、希望的観測で結んだ。日本も昔のサービスエリアはとてもチープな印象だったが、民営化後は大きく変化した。中国も民営化すれば変化は可能であろうが、日本のようなレベルに到達するまでは時間がかかることだろう。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
民営化で最も変わったのが高速道路のサービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)と言える。2015年9月時点で高速6社全体で全国に約860ある。物販・飲食施設のほか、宿泊施設などを併設するSAやテーマパーク型のSAなども生まれている。SA・PAの売上高は2013年度で約5千億円と民営化直後に比べて25%増えた。NEXCO中日本は高速道路の外で商業施設の運営に乗り出している。

レンタカー業者や宿泊施設などと連携して観光商品を開発する動きも広がっている。これらの事業は将来、各社の経営の柱になり得る分野だ。現時点ではSAなどの関連事業の収益はNEXCO3社で全体の5%程度にすぎないだけに、伸ばす余地は大きい。この10年近くの間に、NEXCO3社で合計約1060キロの高速道路が新規に開通した。整備計画が決定済みの全国9428キロの道路のうち、14年度末までで9割以上が完成した計算になる。

国交省がこの10年を点検するために設けた有識者からなる検討会は、上場について「経営状況などを慎重に見極める」と指摘するにとどめた。各社合計で13年度末で約29兆円の有利子債務を抱えているのは事実だが、経営の自由度を高めるためには上場が不可欠となる。一方、日本で1番売り上げを上げているサービスエリアは、東名高速道路上にあるサービスエリアのひとつ、「海老名サービスエリア」となる。利用者数は、上下線合わせて1日平均で6万人。売り上げも、130億円と全国のサービスエリアの中でダントツとなる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月06日 12:42 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL