韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アメリカの技術力は世界一流なのに、「なぜ高速鉄道を作らないのか

アメリカの技術力は世界一流なのに、「なぜ高速鉄道を作らないのか

広大な国土を有する中国では、東京ー大阪間の約400キロメートルほどの移動は長距離の範疇には入らない。なぜなら北京ー上海間でも約1300キロメートルもの距離があり、寝台列車を利用しても10時間以上はかかるためだ。
 
しかし、京滬(けいこ)高速鉄道を利用すれば最短4時間49分で移動できるため、中国人にとっていかに高速鉄道の普及が利便性をもたらしているかが分かるだろう。新幹線と中国高速鉄道は何かと比較されることが多いが、中国からすれば高い技術力を持つアメリカで高速鉄道が普及していないことが不思議でたまらないようだ。中国メディアの天天快報はこのほど、「アメリカは先進国でありながら、高速鉄道が普及していないのはなぜか」と問う記事を掲載した。
 
記事は、アメリカは科学技術も世界一流であるのに、世界の主要な工業国のなかで高速鉄道を持たない唯一の国だと主張、その理由をいくつか考察している。まず「土地が私有制であること」を挙げ、国土全域に鉄道を建設する難しさを指摘した。確かに中国では、土地は「人民のもの」であり、個人の所有権は認められておらず、政府としては土地が収容しやすく、高速鉄道の建設も容易なのは事実だ。




また経済面で見ても、アメリカではすでに長距離の移動において「ハイウェイや民間航空が発展していること」を挙げ、アメリカの主要都市の位置と人口の分布を見ても内陸部の移動にはハイウェイや飛行機での移動が適していると指摘した。
 
さらに、生活や文化の違いにも注目し、車社会であるアメリカでは車の所有率が高く、2014年の統計では自動車所有率は1人当たり0.8台であるのに対し、中国は0.1台とかなりの差があることを指摘。また中国の春節に故郷へ帰省するために毎年起きる、中国人の大移動「春運」がアメリカにはないという点も指摘し、このような要因によってアメリカでは高速鉄道が求められていないのだと伝えた。
http://news.searchina.net/id/

【管理人 補足記事&コメント】
都市の中心部を走る地下鉄は他の先進国並みに発達している。一方で、大都市間を結ぶ高速旅客鉄道網は貧弱そのものである。世界一の経済大国であり、飛行機と車は世界トップクラスのメーカーがあるのに、電車に関しては新型車輌を作れる企業がなくなってしまった。アメリカで高速鉄道が発達しなかった最大の理由は、人口分布がまばらなことにある。北東回廊、南部テキサス、カリフォルニア以外はスカスカで、それぞれの都市の間は遠く離れている。都市間の距離が500km程度までならば、電車による移動は飛行機よりも早いが…。

1930年代に車が、1950年代に航空機が発達し、1971年に鉄道網維持のために全米鉄道旅客公社(アムトラック)が設立されたが、低い信頼性のために結果に結びつかないでいる。アメリカでは貨物輸送の40%近くが鉄道によるもので、欧州の8%に比べて格段に多い。貨物の合間に旅客鉄道を走らせている状態となる。とはいえ、いずれは高速鉄道が走るのではないだろうか…。日本に頑張ってほしいと願うが…。旅行インフラと合わせて付加価値を見出さないと難しいようだ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月07日 18:46 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
中国は軍事鉄道
国内治安の違いじゃないですか。
中国では 鉄道=軍事鉄道だが、米国本土には軍事鉄道はない。
もっとも、米国の鉄道は貨物鉄道だから、いざとなれば
戦車も運べる。
[ 2017/07/07 22:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL