韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓米日、北朝鮮経済圧迫による非核化に向け強い意志を表明

韓米日、北朝鮮経済圧迫による非核化に向け強い意志を表明

韓米日首脳が6日午後(現地時間)、ドイツ・ハンブルクの米国総領事館で開かれた晩餐会を通じて、北朝鮮の核・ミサイル問題の解決策として共感したのは、「軍事的オプションなき平和的解決」だ。核施設やミサイル挑発の原点に対する先制攻撃といった軍事的措置は排除し、経済的制裁を強化することで、北朝鮮を対話のテーブルに座らせるというものだ。

「軍事的オプションなき平和的解決」は、先月末、ワシントンで開かれた韓米首脳合意の延長線上にある。北朝鮮の核・ミサイル挑発に対する対応が朝鮮半島における戦争危機を高める結果を招いてはならないという、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の一貫した主張が反映されたものでもある。このような解決策は「朝鮮半島の完全かつ検証可能で、不可逆的な非核化を平和的方法で達成するため協力する」、「北朝鮮が正しい道を選択すれば、より明るい未来を提供する準備ができている」という文言として、3カ国首脳の共同声明に盛られた。

「平和的方法」の核心は、北朝鮮の態度変化を誘導するため、今よりさらに強力な経済的制裁と圧迫を加えるというものだ。共同声明はこれを「国際社会が北朝鮮との経済的関係を縮小する措置を取ることを要求」すると明記した。




これに対し、3カ国首脳晩餐会に同席したカン・ギョンファ外交部長官は「最高の圧迫で、北朝鮮が経済的にこれ以上耐えられない状況を作り、非核化テーブルに座らせるという趣旨」だと説明した。北朝鮮に対する原油供給の中止などの処置を念頭に置いたものと見られる。

3国首脳らは晩餐で、北朝鮮核問題を解決するために、中国がより積極的な役割に乗り出すべきということに共感したが、これは共同声明で「北朝鮮と国境を接した国々が北朝鮮の説得に向けてより積極的な努力を傾けることを要求する」という文言としてまとめられた。3カ国首脳晩餐会が終わってから、翌日の明け方まで日米側と共同声明の内容を調整したチョン・ウィヨン大統領府国家安保室長は、「特定国家を名指しすることは外交的にも良くないという判断からだった」、とし、「中国とロシアの立場を考慮し、そのような表現を使うことで3カ国が合意した」と説明した。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
安倍首相は、南北関係で韓国の主導的役割について理解を示しながらも、北朝鮮ミサイル問題対応については「今は最大限の圧力を加えることが必要であり、対話の時期ではない」とし、北朝鮮に対する圧迫と制裁強化を主張しているが、一方の文大統領は習近平との話し合いでも、対話を主張したのではないか…。独自路線ともとれる発言を習近平にしているわけで、習近平はアメリカの問題としつつ、自国はやるべきことを実施しているとした。そのうえで文大統領は対話路線を告げたわけで、北朝鮮のミサイル発射をうけた対応で、圧力を強める日米とは路線がずれているように感じるが…。

習近平は韓国を通じてアメリカの役目としている。習近平と韓国そしてアメリカと、互いにずれている様では、危険極まりない日本においての不安は尽きない。一方、文在寅大統領と安倍晋三首相は、初の首脳会談で日本軍「慰安婦」被害者問題と関連した「12・28合意」(以下12・28合意)に対する両国の立場の違いを確認しながらも、この問題とは別に関係改善の必要性にも共感したというが、安倍総理はウンザリだろう。予想通りとはいえ、約束破りの韓国と言う側面では、国際社会に強く伝える必要がある。合意を破る韓国である。韓国民が合意していないなど論外となる。政府間で決めたことである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月08日 09:51 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL