韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  なぜIMFは韓国政府に根掘り葉掘り質問するのか

なぜIMFは韓国政府に根掘り葉掘り質問するのか

「公務員を増やすために追加補正予算を編成したというけれど、なぜそんなことをするのですか」
国際通貨基金(IMF)の実務担当者が先月末、韓国の企画財政部(省に相当)を訪れ、公務員増員に向けた追加補正予算、公共機関の成果年俸制廃止、最低賃金引き上げという3項目について、集中的に質問したということです。IMFは毎年今ごろに実務担当者3-4人を韓国に派遣し、約1週間滞在して政策全般を点検しています。その結果を世界経済見通しの作成時に参考にし、年間報告書の基礎資料としても活用しています。

IMFの実務担当者による訪問には神経を使うものですが、今年は特に緊張したといいます。これまでとは異なり、5月に新政権が発足した直後に当たるため、新たな政策について、IMF側から質問を浴びせされたからです。IMFだけではありません。企画財政部は大手格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスとも6月末に非公開で会合を持ちました。産業界の構造調整、対北朝鮮リスク、家計債務などの懸案を新政権がどう処理しようとしているのか突っ込んだ質問があったということです。企画財政部関係者は「説明を誤れば、国の信用格付けが低下しかねないので、6月末は緊張の連続だった」と話していました。




IMFとムーディーズが根掘り葉掘り質問した理由について、韓国政府関係者は「先進国の多くとは政策基調が反対方向なので、その背景が気になったようだ」と話していました。先進国は成果を協調する年俸システムを強化し、肥大化した公共部門を縮小する傾向を見せています。最低賃金引き上げも副作用が指摘されています。しかし、文在寅(ムン・ジェイン)政権は成果年俸制の拡大を白紙化したり、公務員の数を増やしたりしているので、それが奇妙に見えたという状況です。急激な最低賃金引き上げも検討すべき問題だと判断したようです。企画財政部は頭を抱えているようです。石橋をたたいていて日が暮れてもいけないが、石橋をたたかずに渡るのも危険だからです。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
国の抱える借金が右肩上がりで増えているうえ、国際通貨基金(IMF)の指針によって“隠れ借金”も暴かれ、1500兆ウォン(約138兆円)と、従来基準の約3倍にまで膨れ上がった。世界一の対外債権国で家計の資産も潤沢な日本と違い、韓国は家計や企業のフトコロも深刻な状況に陥っているとしたのが2013年である。“隠れ借金”が表に出た場合の借金額について、中央日報は「事実上、国の負債を意味する公共部門の負債は昨年末基準で1500兆ウォン(約138兆円)に達する」と報じている。2012年の韓国の名目国内総生産(GDP)の1兆1295億ドル(約110兆円)を上回る水準だ。

韓国政府の方針転換の背景にあるのがIMFの存在だ。IMFは昨年、公共部門の負債に関する指針を発表した。韓国はこれに従って国の負債の範囲を拡大せざるをえなくなった。IMFと韓国は深い因縁がある。1997年のアジア通貨危機で主要企業が次々と破綻状態となり、韓国政府はIMFに救済を求めた。IMFの管理下で、財政再建や金融機関のリストラ、財閥解体など大ナタがふるわれた。まして近年の韓国経済は低迷し、サムスンだけで何とかなる国ではない。家計負債は130兆円を超えて、政府資産は少なく、外貨準備高も流動性のある金額は何割あるのか…。最低賃金を上げるとはいえ財源不足となる。自国経済は自国民の不動産投資であり、GDPは財閥企業となり、それぞれの経済は関係はあるが、自国民は9割近い中小企業雇用であるから平均年収は上昇しない。IMFにとっては隠れ借金を見つけて、また隠しているのではと思いたくもなるだろう…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月09日 09:07 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
文在寅が格差拡大
文在寅は成果年俸制を廃止、
これは予測がつく。

公務員はそんなに生産性が高いのか。
公務員にはたくさん仕事があるのか。
最低賃金規則が国の隅々まで徹底するのか。
誰もこのへんが理解しがたい。
左翼・文在寅が格差拡大する不思議。
[ 2017/07/09 23:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL