韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  無関税」の翼つけた日本車…輸出比率高い起亜車・韓国GMに「撃

無関税」の翼つけた日本車…輸出比率高い起亜車・韓国GMに「撃

欧州連合(EU)と日本が自由貿易協定の経済連携協定(EPA)に合意し、国内自動車業界が少なからず打撃を受けるという見方が出ている。グローバル舞台で競争関係にある日本自動車企業がEU市場で関税引き下げ分を値下げしたり、マーケティング拡大、ディーラー網管理などのさまざまな戦略を通じて韓国車のシェアを蚕食する可能性があるからだ。 韓国自動車産業協会の関係者は「中国市場の供給過剰、米国市場の成長鈍化など主要市場が厳しくなる中、世界3大市場の欧州まで日本に奪われるかもしれないという危機感が強まっている」とし「製品の競争力を高められるよう全方向での協力が必要な時期」と述べた。

欧州自動車産業協会(ACEA)などによると、昨年のEU市場で韓国産自動車は計107万台ほど売れた。うち現代・起亜自動車の現地生産台数を除いた輸出は約40万台、輸出額は47億7000万ユーロ(約6170億円)だった。日本のトヨタや日産など7社は昨年183万台を販売した。うち輸出は約57万台。 韓国と日本はEU輸入車市場で2、3位だ。2012-13年には韓国・EU間の自由貿易協定(FTA)の影響で韓国が2位となったが、その後は円安を背にした日本車の輸出が韓国を上回った。 日本・EU間のEPAで自動車の関税が撤廃されれば、日本産自動車のEU輸出はさらに増える見込みだ。日本自動車業界は無関税で輸出する韓国産自動車との不平等を解消するため、関税撤廃を持続的に要求してきた。





欧州自動車市場は中国・米国とともに3大自動車市場に挙げられる。中国がグローバル自動車企業の集中投資で供給過剰状態に入り、米国はグローバル金融危機後にたまっていた待機需要が消耗し、今年から成長が弱まっている。一方、欧州は今年1-5月、5.3%の成長を見せている。中国など新興国に比べ1台あたり単価が高いため、自動車企業が力を注ぐ市場だ。

韓国の企業では輸出の比率が高い起亜車と双龍車の打撃が大きいとみられる。現代車はチェコやトルコなどに現地生産体制を整えているため、輸出は販売台数全体の10%前後にすぎない。一方、起亜車は現地生産施設がスロバキア工場しかなく、昨年のEU販売台数42万台のうち20万台が輸出だった。双龍車は昨年約2万台を輸出した。双龍車の関係者は「EPAが完全に発効するまでに輸出車種を増やし、現地ディーラーネットワークを強化して衝撃に備えたい」と述べた。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、日本産自動車部品への関税(最大4%)も全体の90%の品目で発効直後に撤廃されるとしている。韓国自動車部品協同組合の関係者は「欧州自動車企業に輸出する量の一部が日本に移る可能性がある」と指摘している。日本部品会社が欧州地域の日本自動車企業に供給する部品価格が下がり、日本自動車の価格競争力を高める事になりかねない。そもそも現代自の問題は売れないことになるわけで、売れない理由をしっかり分析し、組織対応しなければ無理となる。

品質低下で信頼を失うと、復帰するのは非常に難しい。教育訓練された人材の確保と不良発生の確率が極力少ない工程と設備。さらにはデザイン設計と性能設計の両面で、競争力のあるネタがほしい。単にコスト低下だけでは、購入すらしないのが現状である。日本市場の厳しい世界から、売れずに撤退した企業である。またホンダなどの工場設備と工程を現代自に説明し見せているわけで、とても真似ができないとした現代自会長は、自社組織の本音を語っているわけで、高い給料を支払っても自国社員がだらしないのは、工場管理者不足も掲げられる。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月09日 10:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
自動車産業の変化
高品質な日本車は「高級車」のポジションにいるが、
関税分価格が下がれば市場を拡大できる。
で、いま欧州車は走行性能優先から環境性能優先へ
大きな変化が起こる。
韓国メーカが緊張するのはこの2つが同時進行だからです。

メカと電気電子の両方をやれるメーカーが強みを持てる。
あと、電池の調達が問題で、さらに電池を作るには関連材料の
調達と品質管理が問題。
日本メーカは完成車、部品、材料の多方面で活躍の場がある。
[ 2017/07/09 11:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp