韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国自動車市場を支えてきた。「日本メーカーのエンジン」

中国自動車市場を支えてきた。「日本メーカーのエンジン」

自動車にとってエンジンとトランスミッションはまさに心臓部と呼ぶべき重要な部品だが、中国の自動車産業にとってはこの2つの部品こそ「弱点」であるという声は少なくない。事実、中国車には日本メーカーが製造したエンジンやトランスミッションが搭載されているケースは多い。

中国メディアの易車は7日、中国の自動車メーカーは現在、他社を参考にしたり、模倣したりしながら「手探りで前に進んでいる最中」だと伝える一方、中国自動車メーカーを支えてきたのは日本メーカーのエンジンであると紹介した。記事は、中国の自動車メーカーは自動車の外観では「ドイツメーカーを中心に、欧州の自動車メーカーを模倣している」と伝えつつ、エンジンのような自動車にとって重要な部品は日本を参考にしていると紹介。

エンジンは自動車の燃費性能や動力性能を左右する重要な部品であるため、自動車という製品の競争力を高めるうえでは日本メーカーが製造したエンジンを搭載するケースが多いことを伝えた。さらに、スズキや三菱などのエンジンが中国自動車メーカーにこれまで広く搭載されてきたことを伝え、「日本のエンジンこそ、中国の自動車産業を成長させた立役者である」と指摘した。





近年、中国自動車メーカーの品質が高まっているとの指摘もあり、実際に中国で販売台数を大きく伸ばすメーカーも登場している。今でこそ日本メーカーのエンジンは中国メーカーに支持され、搭載されているが、中国企業の成長ぶりを見ると、いずれは中国メーカーが優れたエンジンの開発に成功することもあり得ないことではないだろう。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
現在の自動車産業は、動力源一つとっても、ハイブリッド、ディーゼル、PHV、EV、燃料電池車と多岐にわたり、莫大な開発投資がかかる。さらに今後は、人工知能を使った自動運転にも大きなリソースを割かなければならない。1兆円を超える研究開発費を有するトヨタですらリソース不足に陥っている状況だ。こうした中で、三菱自動車の研究開発投資額は787億円でトヨタ自動車の10分の1にも満たない。生産で同規模のマツダの研究開発費(1166億円)にも及ばない。これでは、次世代の技術開発の流れにはついていけないのが現実だった。

そういう意味では昨年6月に三菱自動車が実施する第三者割当増資に応じて同社の34%の株式を日産が取得することを発表したのは自然の流れと言える。部品の共同購買は、コストカッターの異名を持つゴーン社長の得意とするところだ。2000年代に行われた日産の経営再建策「日産リバイバルプラン(NRP)」では2万人の従業員削減や5工場の閉鎖と合わせて目玉になった。車のコストの6~7割は部品が占める。日産とルノーは部品の共用化で調達費の低減を進めてきた。ゴーン社長は「系列解体」も推進し、日産が取引するサプライヤーは半減した。

一方で、中国車のエンジンが三菱であると考えれば、日産傘下での中国市場における動きも気になる。ひところは現代自のエンジンは三菱であるから、基本開発技術は三菱ともいえるが…。現代自で独自エンジン技術の開発能力は難しい。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月09日 11:24 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
中国製エンジンの開発は夢
大型ガスタービンを製造できる国は日本、アメリカ、ドイツだけです。ジェットエンジンも中国では開発できず、戦闘機のエンジンをロシアから購入している。自動車エンジンにも高度な技術が欠かせません。製造技術の向上は勿論ですが、耐久性や耐熱性を素材から開発しなくては良いものはできない。中国が世界に通用する自主開発の自動車エンジンを作れるまで、様々な分野で多額の投資と長い年月が必要となる。気短な中国人はそんな悠長な開発に時間とお金を費やすなら、外国から購入する道を選ぶでしょう。中国人の性格から自動者エンジンの自主開発は無理です。
話は変わりますが、ロケット開発にもエンジンの性能が左右される。中国はソ連、アメリカに次いで衛星打ち上げに成功し、ロケットの打ち上げ能力は高い。しかし近年、開発が順調に進んでいないようで、大型エンジンを積んだロケットの打ち上げに最近失敗した。今ロケットは打ち上げ成功率を高めるのは当然の上、コストも重要視されている。アメリカでは民間企業がコストを抑えるため、ロケット再利用計画を進め、打ち上げた後、着地し回収に成功した。日本は本格的な再利用計画を決めてないが、ロケットエンジンの長時間噴射試験には成功している。
今、ロケット分野でも新たな局面に入りつつある。その時に果たして、中国のロケットエンジンが生き残れているか大いに疑問を持っている。
[ 2017/07/09 12:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp