韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「死の白鳥」、朝鮮半島上空で実際の射撃演習

「死の白鳥」、朝鮮半島上空で実際の射撃演習

「死の白鳥」と呼ばれる米軍の長距離戦略爆撃機B-1B「ランサー」2機が8日、朝鮮半島上空に出撃し、精密誘導爆弾を投下する韓米空軍共同演習を実施した。今月4日、北朝鮮の長距離弾道ミサイル(ICBM)級「火星14」型の発射に対応する“武力誇示”と言えるが、同爆撃機が公開的に朝鮮半島上空で実際の射撃訓練を行ったのは今回が初めてだ。

空軍は8日「韓米空軍が同日午前、北朝鮮の度重なる弾道ミサイル発射に強力に対応するため、朝鮮半島上空で共同演習を実施した」と明らかにした。太平洋のグアムから離陸したB-1B 2機は、東海(トンヘ)上空で韓国空軍のF-15K、米空軍のF-16K戦闘機と合流し、江原道の必勝射撃場に設置された仮想の北朝鮮の目標物を打撃する合同演習を行った。B-1Bが北朝鮮の弾道ミサイル発射台に設置された目標物に向けて精密誘導爆弾を投下し、韓国空軍のF-15K戦闘機が北朝鮮の地下の重要施設を攻撃する方法で演習が進められたと空軍は説明した。空軍はB-1B編隊が朝鮮半島上空で演習を終えてから、写真と映像を公開した。

米太平洋空軍司令部は同日、「北朝鮮の今月3日(米国時間)の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を含め、北朝鮮がこれまで行ってきた緊張を高める行為への対応」だと明らかにし、「火星14」型の発射に対する警告メッセージであることを明確にした。





米ミサイル防衛局(MDA)も数日内に「高高度防衛ミサイル」(THAAD)の試験飛行を実施すると、CNNがミサイル防衛局関係者を引用して報じた。アラスカのコディアック島の太平洋宇宙ステーション複合施設に配備されたTHAADの試験飛行は、数カ月前から計画されたもので、最近、北朝鮮が成功したと主張するICBMの発射とは関係がないと同関係者は明らかにした。THAADは、ICBMよりも射程距離が短い短距離・中長距離ミサイルを迎撃するためのものだ。しかし、今回の試験で北朝鮮のICBM発射と核開発の加速化に対するTHAADの効率性をさらに精密に検討できるだろうとCNNは報道した。

一方、米国と日本は、先月ハワイでイージスミサイル防衛システムに装着される迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の発射試験を行ったが、目標物を捕らえられなかった。同迎撃ミサイルは、海上の艦艇で発射される中距離および大陸間弾道ミサイルの迎撃に使用される。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
B-1は、B-52の後継機として1965年にスタートしたAMSA(次期有人戦略機)計画により、ロックウェル社によって開発され、アメリカ空軍で採用されている可変翼(VG翼)の戦略爆撃機。公式の愛称は「ランサー」だが、実際に本機を運用する人々からは「ボーン(→B-One:骨に掛けた洒落)」と呼ばれている。B-1は当初B-1Aとして超音速で敵領空内に低空侵入する長距離戦略核爆撃機として開発が進められたが、曲折を経て、緊急近接航空支援という以前とはまったく別の任務を担うB-1Bが配備されている。

もともと核/通常攻撃を考慮して開発されたB-1ですが、現在配備されているB-1Bには核攻撃能力は搭載されていない。また従来計画されていたB-1Aによる超音速侵入による核攻撃というコンセプトは変更され、ステルス性を向上させ最高速度が低下した超低空亜音速侵入を目的としたB-1Bが誕生した。昨年9月に米爆撃機「B-1Bランサー」が空自のF-2戦闘機と共同訓練を実施している。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月10日 09:24 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
制空権+GPS爆弾
B1-Bは2時間で北朝鮮に来る。
迎撃ミサイルも迎撃戦闘機もないなら
制空権とって、上空からピンポイントな
GPS爆弾攻撃。
という米軍のオプションがあると。
韓国がやらないなら、という意味も込めて。
[ 2017/07/10 11:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp