韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  好業績でも祝杯挙げられないサムスンの事情

好業績でも祝杯挙げられないサムスンの事情

サムスン電子が第2四半期(4-6月)に売上高60兆ウォン(約5兆9200億円)、営業利益14兆ウォンに達する過去最高の業績を上げ、世界最高の製造業企業に浮上したことが国内外で高く評価されている。日本経済新聞は「メーカーとしては次元が異なる収益を上げた」と評し、米ウォール・ストリート・ジャーナルは「サムスン電子が政治スキャンダルと製品の安定性といった論議を経験しても過去最高の業績を上げた」と報じた。与党共に民主党までも「世界最高のメーカーになったサムスン電子がんばれ」という異例の論評を発表した。

しかし、サムスン社内では世界最高に上り詰めたことを祝っているというよりは、慎重なムードが目立つ。サムスン関係者は9日、「李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が拘束されており、グループを率いてきた未来戦略室の経営陣が全て退任したあ状況で、業績が良いと笑ってばかりはいられない。今後会社がオーナーのリーダーシップ不在という難局をどう乗り切っていくのかという不安感が少なくない」と述べた。





好業績を喜べないでいるサムスン電子は今月6日、過去最高の業績を発表する報道資料も売上高と営業利益の推定値に関する簡略な文章だけだった。李健熙(イ・ゴンヒ)会長、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の不在など会社をめぐる状況は安定しているとは言えないからだ。日本経済新聞も「オーナー一族が経営を行う状況であれば、投資家はサムスンが盤石だと認めたはずだ。オーナーの長期不在に対する懸念がある」と指摘した。実際に4日には京畿道平沢市で世界最大規模の半導体生産ラインが稼働を開始したが、竣工(しゅんこう)式を行うことなく、役員ら100人が出席する出荷開始式のみを行った。2015年の着工時には朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領、李在鎔副会長ら国内外の来賓が出席し、大規模な起工式を行ったのだが、全く対照的だ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
つい数年前までサムスンを称える本まで出版され、サムスンの判断は何故早いとか…、サムスン旋風時代があった。しかし内部告発を含め、内情が明るみになるにしたがって様相は大きく変化した。単純にフラッシュメモリーなどの半導体で利益率が高いというのも裏があるわけで、大量に購入し大量在庫を保有し、製造原価を下げてきたのは事実だが半導体事業の利益は、サムスン会長がスマホ事業を立ち上げる前で、10%を目指していたわけで、近年部品単価下落に人件費高騰で、今の利益確保可能かと言えば無理なのではないか…。

まして製造設備と検査設備は日本でありメンテは日本企業が実施するわけで、その費用も莫大である。さらに莫大な投資をしつつの事業であるから、利益の裏に投資があるわけで、仮に2兆円の純利益があったと仮定しても、その金額以上の投資を実施しているわけで、スマホ事業を低価格スマホに転換し、DRAMやフラッシュメモリー半導体事業に絞った時点で、現在も大量の在庫の山を抱えていると言われる。挙句に半導体ラインは開いているわけで、にもかかわらず設備投資している状態である。単に部品工場であるから、シェアが広がり莫大な数を製造すれば、利益は出るが、莫大な投資が必要な事業だけに、実は単独で実施するには難しい事業と言える。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月10日 10:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp