韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ギャラクシー兄弟の「同伴突風」

ギャラクシー兄弟の「同伴突風」

三星(サムスン)電子の「ギャラクシーS8」シリーズが、米国のアーリーアダプターにより「最も優れたスマートフォン(Highest Rated Smartphone)」に選ばれた。ギャラクシーS8シリーズは、米消費者専門誌の評価でも首位についたことがある。9日、グローバル市場調査会社「ストラテジー・アナリティクス(SA)」によると、ユーザーレビュー評価でギャラクシーS8は市販のスマートフォンの中で最も高い4.57点(5点満点)を獲得した。SAは新しいスマートフォンが発売されると、アマゾン、AT&T、ベライゾンなど、米国内主要スマートフォン販売サイトに最初の40日間上がってくる消費者レビューで評点をつける。ギャラクシーS8の場合、ユーザーレビュー約1500件が分析対象となった。

複数の機能の中でも、カメラの満足度が最も高いことが分かった。ギャラクシーS8は、前面が800万、背面が1200万画素のカメラを搭載している。SAは、「興味深いことに、カメラに関する批判的評価が全くなかった」と分析した。ベゼル(枠)を最小化した18.5対9の割合のディスプレイ技術も高い評価を受けた。しかし、三星電子がギャラクシーS8で初めて披露した人工知能(AI)秘書「ビックスビ」はほとんど言及されなかった。まだアップルの「シリ」などと比較した場合の認知度が低く、活用度が大きくないという意味だ。SAは、レビューのうち4%程度がビックスビを言及し、その内容も多少否定的だったという。




一方、昨年に生産が打ち切られたギャラクシーノート7の部品をリサイクルして作った「ギャラクシーノートFE(ファンエディション))」は、国内で品切れ事態となっている。新製品「ギャラクシーS8」シリーズに劣らぬ人気を得ている。7日、国内モバイル通信3社などを通じて発売されたギャラクシーFEは、前作のギャラクシーノート7と主なスペックは同じだが、価格は29万ウォンほど安い。ギャラクシーノートFEは発売直後、ブラックオニキスとブルー、コーラル色を中心に品切れとなり、品薄状態が起きている。
三星電子の関係者は、「ギャラクシーFEは、ノート機能が好きなファンのために、40万台限定で発売した製品なので、どんなに人気があっても追加投入計画はない」と話した。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
以前よりSamsungは、Galaxy Note 7で問題とされたバッテリーを交換し再販する意向を示していましたが、正式な発売時期については明らかにしていなかった。しかし、韓国メディアがキャリア関係者の話として報じたところによると、Galaxy Note FEとして7月7日に韓国国内で発表された。単なる「リファービッシュ」ではない。従来のGalaxy Note 7には搭載されていなかったアシスタント機能Bixbyが、S8同様にNote FEへ採用される(プレインストールされているモデルとしてはGalaxy初)。ただし、「Bixby Voice」「Bixby Home」「Bixby Vision」といった主要3機能のうち、Bixby Homeについては確認できるものの、Bixby Voiceで音声操作ができるかどうかは不明。

また、S8に搭載されている「Bixbyボタン」とされる専用ボタンは、あくまでもNote 7の再販であるため、搭載はされない。もとのNote 7は、未曾有のリコール事件を起こしたいわくつきのモデルではあるが、S8の売れ行きが好調なことからネガティブインパクトは限定的とみたのか、Samsungは、今回のNote FEについて、わざわざ発表予定日を6月30日から1週間遅らせ、出荷予定を当初の30万台から45万台へと引き上げるとした。東亜日報は記事になるように40万台限定と報じている。発火しない事を祈る。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月11日 10:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL