韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の6月失業率3.8% 前年同期比0.2P悪化

韓国の6月失業率3.8% 前年同期比0.2P悪化

韓国統計庁が12日発表した雇用動向によると、6月の失業率は前年同月から0.2ポイント悪化した3.8%となった。このうち若年層(15~29歳)の失業率は10.5%で、前年同月比0.2ポイント悪化した。6月の就業率は61.4%で、前年同月から0.2ポイント上昇した。6月としては1997年(61.9%)以来の高水準。

「体感失業率」は前年同月比0.6ポイント悪化の11.1%と集計された。これは失業率の統計には表れない、アルバイトをしながら就職活動をする人や入社試験に備える学生などを含めた雇用補助指標。6月の就業者数は2686万人で前年同月比30万1000人増加した。月ごとの増加幅は2月以降5カ月連続で30万人以上を維持している。

産業別では卸・小売業が8000人増え、宿泊・飲食業は3万8000人減少した。昨年7月以降減少していた製造業は1万6000人増え、増加に転じた。統計庁関係者は「製造業が増加に転じ、就業者数が30万人台を維持しているものの、20代の就業率は依然よくない。好材料と悪材料の両方が混在している」と話した。
http://www.chosunonline.com/




【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、体感失業率は臨時職や日雇いのような不完全就業者のほかに、就職活動中であったり求職を断念した者なども失業者として含めて計算した雇用補助指標と説明している。 新政治民主連合の丁世均議員は2015年3月、報道資料を出して、青年層の体感失業者は107万1000人、体感失業率は21.8%であることが分かったと伝えている。 29歳以下の青年層の体感失業率は30代(8.2%)、40代(7.8%)、50代(9.4%)、60代以上(17.5%)などの他の年齢帯に比べて著しく高いとした。青年たちは求職活動せずに就職を準備している場合が多く、就職準備期間も非常に長いためだと丁議員は説明している。

一方、2016年12月14日、韓国・聯合ニュースによると、韓国製造業の就業者数が5カ月連続で減少しており、青年層(15〜29歳)の失業率も13年ぶりに最高水準に達したとした。韓国統計庁が14日発表した報告書「11月の雇用動向」によると、11月の就業者数は2659万2000人で、1年前より33万9000人増加した。しかし、造船業の景気減速や構造調整などの影響で、製造業の就業者数が10万2000人減少した。製造業の就業者数は7月に49カ月ぶりに減少に転じた後、5カ月連続の下落となっている。この時のアルバイトをしながら他の仕事を探す「就職準備者」や「入社試験準備者」など、事実上の失業者を考慮した体感失業率は9.9%だと伝えている。

韓国統計庁が今年2月15日発表した雇用動向によると、1月の失業率は3.8%で、前年同月から0.1ポイント悪化した。このうち若年層(15~29歳)の失業率は0.9ポイント改善し8.6%だった。「体感失業率」は11.6%と集計された。これは失業率の統計には表れない、アルバイトをしながら就職活動をする人や入社試験に備える学生などを含めた雇用補助指標として示されるとした。何とも体感失業率の曖昧さは、数値もばらばらとなる。

文在寅新政権が雇用創出を最優先課題に掲げる中、今年4月の韓国の青年失業率(15-29歳)が4月としては過去最高の11.2%まで上 昇したと統計庁の調べを伝えている。大学などを卒業後も就職試験準備をする人など事実上の失業者を含めると、体感失業率は23.6%に達するという。自営業者が9カ月連続で増えたことからみても雇用の質が改善したとは言いにくい。構造調整で失業した人が生計を立てるために自営業に転じているとし、増加した自営業者の10人の7人は零細な個人事業主だという。造船業に海運業低迷でかなりの関連企業は仕事を失った状態だ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月12日 10:22 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL