韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  外国人観光客の再訪問 日本が韓国を大幅に上回る

外国人観光客の再訪問 日本が韓国を大幅に上回る

外国人観光客は韓国と日本を類似した観光地と認識しているが、2回以上訪問した人の割合(リピート率)は日本が韓国を大幅に上回るとの調査結果が、12日発表された。韓国文化観光研究院と日本の観光庁などによると、昨年韓国を訪問した外国人観光客は1724万1823人、日本を訪問した外国人観光客は2403万9053人だった。

それぞれの国へのリピート率は韓国が38.6%、日本が61.6%で、韓国は前年の46.1%から減少した一方、日本は前年の58.7%から上昇した。韓国とほかの国との間で迷ったという訪韓観光客のうち、最も多い60.3%が韓国と日本を比較しており、観光客は二つの国を似通った観光地と認識していた。 しかし、韓国へのリピート率が日本より低いことは、外国人観光客にとって韓国より日本がより魅力的な観光地であるためだと分析される。

昨年の各国からの訪問観光客満足度は韓国が95.0%、日本が93.8%で韓国の方が高いが、リピート意向は訪日観光客が93.3%、訪韓観光客が84.1%と日本が上回った。





昨年、韓国を初めて訪問した人の比率が高い国はマレーシア(84.3%)だったが、日本を初めて訪れた人の比率が高い国はスペイン(71.3%)で、日本は欧州など遠隔地での人気が高いと集計された。 外国人観光客が韓国と日本で主に行う活動にも違いがあった。

昨年韓国を訪れた外国人観光客が主に行った活動(複数回答)の1位はショッピング(75.7%)、2位は飲食(51.0%)だったが、日本では1位が飲食(95.0%)で、ショッピング(80.5%)が2位だった。 昨年、訪韓観光客のうち1人当たりの支出額が最も少なかったのは日本人だったが、日本での1人当たりの支出額が最も少なかったのも韓国人だった。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備に反発する中国で“限韓令(韓流締め出し)”が広がる中、韓流コンテンツに対する海外消費者の消費心理が全般的に萎縮している。韓国文化産業交流財団が11日までに公開した2016年の「グローバル韓流実態調査報告書」によると、「1年後、韓流大衆文化商品に対する消費支出が増加すると思う」と答えた海外の消費者の比率は31.0%にとどまった。14年の調査当時に韓流への消費支出増加を予想した比率は40.9%で、15年は41.3%と微増したが、16年には10ポイント以上減少した。

国別では米国、中国、英国、アラブ首長国連邦(UAE) などの減少幅が大きかった。今回の報告書は昨年10~12月に米国、中国、日本、英国など15ヶ国、計7200人の消費者を対象にしたオンラインアンケートを基にした。報告書は11年から作成されている。韓流に対する否定的な認識も広がっていることが分かった。反韓流に対する共感度は21.1%で、前年(16.2%) よりも高くなった。日本では韓流ブームでドラマ撮影地などが観光名所となり大混雑だったが、今は面影もない。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月12日 12:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp