韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代車、580キロ走行の水素自動車を8月公開

現代車、580キロ走行の水素自動車を8月公開

現代自動車が1回の充填で580キロ走行する次世代水素燃料電池自動車(FCV)を来月公開する。2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開催に合わせて来年2月ごろ公開するとしていた当初の計画を修正し、6カ月以上も操り上げた。鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車副会長がトヨタやホンダなどライバル企業を抑えて世界水素自動車市場で主導権を握るために動き出したという評価が出ている。エコカー普及拡大に取り組む新政権の政策に応じるための側面もある。

現代車の関係者は12日、「2013年に世界で初めて商用化した『ツーソン』水素自動車より走行距離など性能を大幅に向上させた次世代水素自動車を8月に公開することにした」とし「現代車の優れた水素自動車技術力を示し、世界市場の主導権を確保する計画も発表する予定」と明らかにした。 現代車は来年2月ごろこの水素自動車を発売する予定だったが、未来の自動車をめぐるグローバル企業の主導権争いが激化している状況を考慮し、公開日程を操り上げたと説明した。早ければ年末から本格的に量産に入ると予想され、価格は6000万ウォン台(約600万円台、補助金による実際の購買価格は3000万ウォン台)という。




現代車は今回の次世代水素自動車公開のためにソウル市と手を握った。8月末に汝矣島(ヨイド)漢江(ハンガン)付近に水素コンセプトハウスを設置し、ここで次世代水素自動車を公開することで合意した。未来の「水素社会」を紹介する水素コンセプトハウスのすべての設備と機器は、展示される水素自動車が生産する電気で稼働するという。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
昨年、日本の経済産業省は、東京の夏季オリンピックの時にちょうど2020年までに、道路と160の給油所に4万台の水素燃料電池車の目標を設定した。これは日本の水素力のショーケースとなる選手が燃料電池駆動のバスや車の会場にシャトルすると、東京都は、燃料電池車や燃料補給所の補助金として4億ドル以上も使う計画とした。日本最大の公的研究・開発・展開機関であるNEDOの新エネルギー技術部門の燃料電池・水素グループディレクター、大平栄司氏は、「この分野で強みを発揮できる技術の1つ」と話している。

日本では燃料電池自動車が1,300台を超え、現在は80台の水素ステーションが稼動している。これは、水素製造施設、パイプライン、給油所など、水素自動車の販売とそれに伴うインフラストラクチャの大幅な増加が必要であることを意味する。日本は水素が支配すると考えていると皮肉った記事となる。こちら

日本の場合は、技術力のアピールであり、現実的でないことはトヨタが一番知っているのではないか。ただ世界の状況はいつ変わるかわからないわけで技術をためておく必要がある。現行は世界市場の大半がガソリン車で占めるわけで、本来利益を得る部分と、まさに未来を担う技術の部分とは区分けしている。その一方で、試験は重要となるし、世界からの旅行者などの移動に用いれば、良き宣伝にもなるだろう。ただ韓国では現行低迷している自動車製造技術が先にありきで、クレームだらけの低品質で、水素を語ったところで、自国内で活用できるのは限定的だろう。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月13日 10:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL