韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  二階氏、人事の「秘密」握り影響力増大? もの言う党の復権というが…

二階氏、人事の「秘密」握り影響力増大? もの言う党の復権というが…

自民党の二階俊博幹事長が「夏の政局」で存在感を発揮している。東京都議選で同党は歴史的惨敗を喫したが、二階氏は「安倍晋三首相支持」をいち早く表明し、流れをつくった。一方で、大勝した地域政党「都民ファーストの会」率いる小池百合子都知事との太いパイプも印象付けている。「最後の党人派大物」として党内外の不平不満を抑えながら、「安倍一強」と言われた“政高党低”状態から、もの言う党の復権を目指すのか。

「(内閣支持率の急落は)東京都議選の延長線にある。多少のことはやむを得ない。信頼回復に全力を尽くす」「党勢回復にマジックはない。しっかりやりますから、ご心配なく」。 二階氏は11日の記者会見で、こう語った。独特の威圧感があった。 都議選大敗後の4日午前11時、二階氏は派閥の緊急会合を開いた。重鎮の1人から「これが衆院選だったら、国政の土台が大きく揺らいでいた。官邸は危機感を持っているのかッ!」などと厳しい意見が出た。こうした声に耳を傾けながら、二階氏は最後に「今後とも安倍首相を支持していく」という派閥の方針を取りまとめた。




二階氏はそのまま官邸に乗り込み、安倍首相と1時間、菅義偉官房長官と10分間会談した。具体的に何が話されたのか、内容は漏れていない。ただ、二階氏に近い国会議員は「局面転換のための、内閣改造・党役員人事の中身について、相当突っ込んだ話をしたはずだ」「当然、自身の続投についても安倍首相の了承を取ったはずだ」といい、こう明かした。

「二階氏は、都議選投開票日の2日夜、東京・四谷の超高級フランス料理店『オテル・ドゥ・ミクニ』で、安倍首相と麻生太郎副総理兼財務相、菅氏、甘利明前経済再生担当相が会食したことに、強い不快感を持っていた。あの威圧感で抗議した可能性もある」。それを裏付けるのか、安倍首相は欧州歴訪中の9日夜、同行記者団に、次のように語った。 「来月早々に断行し、人心を一新する考えだ。結果を出すことができたのは、継続性と安定感だ。『骨格』はコロコロ替えるべきではない」
http://www.zakzak.co.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
自民党の傲慢さに尽きるわけで、政治と金のみならず総理・大臣を含めた言動に総理夫人問題などなど…。安倍総理の友人云々よりは、税金となる莫大な補助や、国家戦略のトップとしての対応問題。挙句に国有地売却の8億円減額問題は宙に浮いたままである。丸投げ、責任転嫁、傲慢体質が、総理を含め大臣以下の組織において、心のたるみが出ていると言われても仕方がない。国民の税金の使い道を扱うには、システムが不足しているのか、単に守らないだけなのか…。この程度の論議に答えが出ないのは、各大臣をトップとした組織運営にも甘えが出ている証拠である。

わけのわからぬ文書論議など本来あり得ない野党の追及が、まるで野党の追及のほうが正しい感覚となった自民党は、反省と言うレベルではないだろう。気を引き締めるためにも大改革を実施してほしいものである。二階幹事長云々ではない。自民党幹部全員で知恵を出し、自分たちの何が悪いのかを反省できない限りは、信頼など取り戻せるのもではない。支持率ありきでは韓国政府と変わらないわけで、何が問題なのかを見出し、反省行動を今後を見据えた人事、さらには自民党全体として議員の言動の在り方教育も必要不可欠である。

何かと偉ぶった人材が多すぎるから、良からぬ言動と冗談との区別すらつかないわけで、普通の企業幹部ならば、とっくに首を切られている状態だろう。自民党全員で問題点を是正し、能力面をよく重視し、国民の信頼を得られる人事を行ってほしいものである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月13日 13:27 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL