韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国経済の潜在成長率が初めて2%台・・・日本には追い付けない

韓国経済の潜在成長率が初めて2%台・・・日本には追い付けない

2017年7月13日、韓国銀行(中央銀行)は、韓国経済の基礎体力を示す潜在成長率が2%台後半に下落したとの分析結果を公表した。同行が、韓国の潜在成長率を2%台として正式に発表したのは初めてだ。韓国・SBSなどが伝えた。韓国銀行は13日、経済見通し報告書で、2016〜20年の韓国の潜在成長率が年平均2.8〜2.9%と見込まれると明らかにした。合わせて過去の潜在成長率も、01〜05年は4.8〜5.2%、06〜10年は3.7〜3.9%、11〜15年は3.0〜3.4%と、下落を続けてきたものと推定されるとした。

潜在成長率は一般的に、資本、労働などの生産要素を最大限に投入して、追加の物価上昇を引き起こすことなく達成できる成長率を指す。韓国銀行は、潜在成長率が下落した背景について、「サービス業の発展が不十分なことと、高い規制水準により生産性が低下し、経済の不確実性により資本蓄積が進まないことが主な原因と推定される」と分析した。




この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「大変だ」「本当に心配。大丈夫なんだろうか」「中国には追い越され、日本には追い付けない」「潜在成長率が2%台だったら、実質経済成長率はマイナスになるのでは?」「近いうちに潜在成長率もマイナスになるかも」など、悲観的な意見が数多く寄せられた。
https://news.biglobe.ne.jp/

【管理人 補足記事&コメント】
今の韓国は人口、投資、輸出、内需という経済成長に必要な4大要素すべてにおいて鈍化となっている。また、今年から労働力人口比率が低下するに向かうわけで、これは人口構成の変化が経済的にマイナスに作用する「人口オーナス期」に転じることを意味している。 10年前には、多くの国際機関が韓国経済は50年に1%低迷すると予測していたが、当時の韓国経済は実質5%前後の成長率を維持し、韓国人の多くは歯牙にもかけなかった。しかし、ここ5年は3%前後に低迷。ニューシスは、韓国は経済危機への対策ができておらず、米国が利上げすればどのような結果が生じるか不透明で、そうした中で国際貿易が保護主義傾向を強めていることは韓国経済にとって良い条件とは言えないと指摘している。

韓国経済は土台から揺らぎ、経済学者が予測したマイナス面ばかりが現実ものとなりつつある。政府が効果的な対策を打ち出せない状態が続けば、韓国経済は長期的低迷に陥る恐れがあると指摘する。現状は半導体一色でしかないわけで、現代自も一見好調に見られたい昨年あたりから、販売台数を稼ぐのに必死である、340万社もある企業で、9割近い自国民が中小企業に雇用され、サムスン好調記事だけが独り歩きし、造船業の受注が好調になりつつあるとしながら、損益分岐点割れギリギリである。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月15日 09:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL