韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自、高性能走行ブランド「i30・N」を公開

現代自、高性能走行ブランド「i30・N」を公開

現代(ヒョンデ)自動車が、高性能走行ブランド「N」の初モデル「i30・N」とスポーツモデル「i30ファストバック」を公開した。
現代自は13日(現地時間)、ドイツ・デュッセルドルフのイベントホール「Areal Boehler」で欧州現地のメディアの関係者400人余りを招待して、二つのモデルを公開した。現代自はこれに先立って2015年、ドイツ・フランクフルトモーターショーで、日常生活での高性能走行のためのNブランドのラインナップ開発計画を発表した。

i30・Nは、2.0ガソリンターボエンジンが搭載され、最高出力275馬力、最大トルク36.0kgf・mの性能を備えている。NモードとNカスタムモードを含む5つの様々な走行モードを提供する。i30ファストバックは、スポーツ性を強調したi30の派生モデルである。普通3ドアに発売されるコンパクト車両と違って、5ドアクーペで製作された。既存のi30モデルに比べて全高を5ミリ下げ、サスペンションの剛性を15%向上させたのが特徴だ。




現代自は同日の行事で、i30、i30ワゴン、i30・N、i30ファストバックモデルへと続く「i30ファミリー」の完成を発表し、2021年まで欧州市場でアジア首位メーカーへの跳躍目標を明らかにした。i30・Nとi30ファストバックモデルは、今年末欧州で正式発売される予定だ。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
2013年、日本企業から韓国や中国のメーカーへの転職を希望する人材は増え続けていた。20代や30代の若い技術者よりも50代部長以上の役職者が中心となる。彼らの転職先は、今や日本企業よりも海外企業のほうが圧倒的に多い。多くの日本のメーカーが危機的な状態に陥り、大規模なリストラを進めていたのが理由だ。2000年時日本企業でリストラが加速し、国内で仕事が見つからずに中国や韓国に渡った人材は非常に多かったが、彼らが定年で日本に撤退する時期がすぎ、今度は2013年前から再び加速している。

一方で、サムスンに「買われた」技術者がどういった末路を辿ったのか。自分の技術を活かせる職場と待遇に魅力を感じて、日本のメーカーからサムスンに移ったものの、理想と現実のギャップに失望する技術者は大勢いる。サムスンからの製造管理者レベルの塵埃はかなり撤退が完了している一方で、現代自も同様だ。韓国人技術者は基礎的な理論より結果を欲しがる。基礎から学ぶより早く最終商品が欲しい。彼らの興味は、日本製品と同等のものを急いで量産することにある。日本人技術者が基礎をじっくり教えようとしても報われないケースと分かりつつ、給料5割増しで引き抜かれても、数年でポイ捨てとなる。

現代自の品質低迷は加速的だ。日本企業とのつながりが深い企業でもあり、日本技術が土台だが、2013年ころから加速した人材も日本に戻る時期となり、韓国における日本技術者は急激に減少している。年数的に日本撤退時期を迎えた韓国企業で、異変が起きているのは事実。数年で退職してゆく若い連中に仕事を伝授するのは難しい。これは中国企業にも言える。結局は日本に舞い戻ることになる。とはいえ管理すべき項目が近年莫大に増えており、化学物質或いは管理文書や管理システム作成、品質記録や日報などなど…。製造管理における地道な作業から、問題を見つけて解決することができない現代自にとっては、焦りごとと言える…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月16日 09:42 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL