韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  世界に逆行する韓国で“輸入ビール”が人気

世界に逆行する韓国で“輸入ビール”が人気

「夏といえばビール」。一昔前までは共感を得られた言葉だったが、最近はどうも違うようだ。日本のビール大手5社が7月12日、1~6月のビール系飲料の出荷量を発表した。それによると、課税済み出荷量は前年同期比1.3%減の1億9025万ケースだったという。1ケースは大瓶20本換算ということだが、上半期としては5年連続で過去最低を更新。ビール、発泡酒、第三のビールともに減少しており、3分野がそろってマイナスになるのは、初めてのことらしい。

国際酒類市場研究所(IWRS)の報告書によると、世界のビール販売量は2016年に前年比1.8%減となっており、さまざまな酒類のなかで最も大きな減少幅を見せたというのだ。ビール販売量の大幅な減少が見られたのは、中国(4.2%減)、ブラジル(5.3%減)、ロシア(7.8%)で、アメリカも5%減(今年2~4月)だった。そんな世界的な傾向の逆を行っているのが韓国だ。韓国メディアによると、韓国のビール市場の規模は昨年2兆8100億ウォン(約2810億円)となっており、前年比5.4%増。年々増加傾向にあるという。




そんななかでビール市場も元気というわけだが、詳しく調べてみると、韓国産ビールの売り上げの伸びはほぼ横ばいということがわかる。つまり、韓国のビール人気を牽引しているのは国産ではなく、輸入ビールなのだ。2013年には3000億ウォン(約300億円)に過ぎなかった輸入ビールの売り上げは、2016年に6200億ウォンと倍増。コンビニのビール売り上げのシェアを見ると、韓国産ビールは2015年の58.3%から今年は44.5%にも落ちている。輸入ビールは今年55.5%となっており、ついに韓国産ビールを追い越したという。

ではなぜ、韓国では輸入ビールが人気を博しているのだろうか。最も大きな要因は、価格が安いからだろう。例えば、人気の韓国産ビール「cass」の場合、コンビにでは500ml缶は2700ウォン(約270円)。一方で韓国では輸入ビールとなる「アサヒ」の500ml缶は3900ウォン(約390円)だ。単純に1缶あたりの価格では、韓国産ビールのほうが安い。値段だけが人気の秘密ではない。そのカラクリは大量輸入や税金、流通費用などが複雑に絡まって生じているという。今では韓国のコンビニで輸入ビールは「4缶1万ウォン」が常識になっている。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
韓国企業は特有の「原価構造」のような規制のため国産ビールの立場が狭くなると主張する。ビール1本には税引き前出庫価格を基準として平均113%の税金がつく。だが税金を課す方式が異なる。国産ビールの場合、税引き前出庫価格は「原価+販売・管理費+予想利潤」で構成される。ここに税金として「酒税+教育税+付加価値税」などを加える。業界の利潤や販売・管理費などが透明に表われている。 これに対し輸入ビールの税引き前出庫価格は「輸入申告価格+関税」で構成される。ここに酒税・教育税・付加価値税などの税金項目は同じだ。ところが利潤や販売・管理費は「税金精算が終わった後」に決められるため業者の裁量が大きい。利潤を弾力的に調節でき価格裁量権がそれだけ大きいということだ。

割引やまとめ売りにも韓国産と輸入ビールの差別がある。韓国産ビールは国税庁告示により出庫価格以下で販売したりまとめて売ることができないが輸入ビールは可能だ。一方で、「韓国産ビールはまずい」という指摘は依然として問題に挙げられる。発酵槽25キロリットル、保存槽50キロリットル(小規模ビール事業者は発酵槽・保存槽5~75キロリットル)の施設がなければならないなど参入障壁が高く、新規事業者がなくビール3社を中心に市場が運営されている上に、いわゆる「ソメク」のトレンドで企業が味の改善をおろそかにしてきた事が理由だ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月16日 10:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL