韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国が直面する現実は誇りなのか、恥なのか

韓国が直面する現実は誇りなのか、恥なのか

私設検問所を設けて終末高高度防衛ミサイル(THAAD)部隊を封鎖した慶尚北道星州郡の一部住民・反米団体メンバーによる行動を見て、一般の人々は「これが国か」と嘆いている。だが実際には「これが政府か」の方がより正確な表現だろう。国家政策に抵抗する勢力はどこにでもある。しかし、違法行為を放置して自らの機能をまひさせる政府はほかにない。国が間違っているのではなく、ひきょうな政府が問題なのだ。このような政府を信じて生きなければならない境遇に息が詰まる思いだ。

先日の海外歴訪で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「国の地位は変わった」と述べた。また、「世界が韓国をもてなしてくれる」と言い、「ろうそく革命(ろうそくデモ)」に言及した。外国から見た韓国の地位が上がったとはうれしい限りだ。しかし、どうしても首をかしげたくなるのは致し方ない。韓国が直面している現実は、文大統領の言葉に程遠いからだ。誇りに思うどころか、他人に見られたら恥ずかしいと思うようなことが連日行われている。国がちゃんとした方向に向かって進んでいるのか疑わしく思うことは一度や二度ではない。




「これが政府か」の元祖は貨客船セウォル号沈没事故だ。事故発生を受けて、当時野党だった共に民主党は朴槿恵(パク・クネ)政権攻撃にすべてを賭けた。同政権の無能さと無責任は許せない、と言った。崔順実(チェ・スンシル)国政介入事件の時も、中東呼吸器症候群(MERS)問題の時もそうだった。このように、何か事が起これば政権の存在理由を問うてきた人々が今、政権を取った。それでも一般の人々はまだ「これが国か」「何が変わったのか」と感じている。

京畿道議政府市が在韓米軍第2師団のために企画したコンサートが失敗に終わった。全国民主労働組合総連盟(民労総)などが「糾弾デモ」を行い、組織的に妨害したからだ。京畿道天安市が米軍兵士家族を招待しようとしたイベントも取り消された。「米軍」という言葉が付きさえすれば反米勢力が駆け付け、それに屈してしまう事態が繰り返されている。安保を懸念しながら、安保で守ってくれる軍隊を冷遇する。このような国がまともだと言えるだろうか。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
イギリスBBC放送が行っている世界16カ国とEUを対象にした“国家イメージアンケート”が参考になる。全25カ国を対象にした同アンケートを見ると、日本人の韓国に対する評価は、肯定派19%、否定派28%。意外にも、どちらでもないと考えている層が過半数を超えており、“嫌韓層”ともいえる否定派は、2割台にすぎなかった。韓国否定派が約5割のフランス(47%)やメキシコ(45%)、4割のカナダ(41%)やイギリス(40%)と比較すると、日本人の韓国に対する評価は、相対的に悪くない。

最も韓国を否定的に評価した国はどこかというと、2位フランスに大差をつける、否定派65%のドイツである。なぜドイツは、それほどまでに韓国を嫌うのだろうか。一つは、韓国企業がドイツ経済に影響を与えているという点にあると言える。『経済至上主義』に映る韓国企業のイメージは、ドイツではあまり好まれない。もう一つ挙げるとすると、分断国家であるということ。統一を果たしたドイツにしてみれば、分断状況にあるコリアには『何か問題がある』という印象を持つ傾向がある。もっとも最近ではどの国からも嫌われる韓国人の自己都合には、いい加減にあきれているのではないか…。

世界一、韓国を嫌う国・ドイツ。それに比べると、韓国否定派が25カ国中13位タイにすぎない日本は、まだまだ“韓国嫌いな国”とは言えないと言うのだが、現実はそうではないだろう。韓流ブームは朴槿恵により、嘘で作られた妄想ドラマとなり、嫌韓よりは無関心となった人も多いのではないだろうか…。一方、反日のわりに日本に押し寄せる韓国人は、違法滞在ありで増える一方だが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月16日 11:08 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL