韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  販売不振の韓国自動車3社、「スト前夜」の暗雲

販売不振の韓国自動車3社、「スト前夜」の暗雲

現代(ヒョンデ)自動車、起亜(キア)自動車、韓国GMの自動車メーカー3社の労働組合がスト秒読みに入った。18日を基点に合法的ストの要件を備えたためだ。上半期に低調な販売実績を記録した韓国の自動車メーカーは、労組ストという「悪材」まで重なり内憂外患に苦しめられることになった。

金属労組現代自動車支部(現代自動車労組)は17日午後9時を過ぎて雇用労働部中央労働委員会から「調停中止」の決定を受けた。合法的にストを打てる最後の関門を通過したわけだ。現代自動車労組はすでに14日に組合員の投票を実施し、賛成率68.4%でストを可決した。18日からはいつストをしても法律違反ではない。

金属労組起亜自動車支部(起亜自動車労組)も合法的なスト権を得る形式的手続きを進行中だ。2万8000人の起亜自動車組合員は18日に投票を終える。起亜自動車労組はすでに13日に中央労働委員会から「調停中止」の決定を受けている。18日に「スト賛成」が可決されると同時に即ストの障害物がすべてなくなる。





金属労組韓国GM支部(韓国GM労組)の「スト時計」はさらに速い。すでに14日までにストに必要な手続きをすべて終えた。17日には1万5000人の組合員のうち約110人が4時間勤務しなかった。労組が保有する「組合員教育時間」を利用して勤務地から離脱した。事実上の部分ストを行ったのだ。

これで民主労総傘下3社の自動車メーカーはすべて「スト急行列車」に乗った。彼らはひとまず使用側と追加交渉窓口を閉じたりはしないという立場だが、交渉がこじれればいつでもストが可能だ。 ただ彼らが実際にストという「強硬手段」を取るかは未知数だ。現代自動車の上半期の全自動車販売台数219万8342台は2012年からの5年で最低値を記録した。起亜自動車の上半期販売台数132万224台も9.3%減少し、韓国GMは3年間の累積損失2兆ウォン(約1990億円)を記録中だ。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
聯合ニュースによると、韓国の自動車大手・現代自動車労組がストライキを決議したことで、他の自動車メーカーの連鎖ストライキにつながるのではないかとの懸念が高まっている。関連業界によると、14日にストライキを可決した現代自動車労組に続き、起亜(キア)自動車労組も17~18日、全組合員を対象にストライキ賛否投票を行う。起亜車労組は先月30日に臨時代議員大会を開き、ストライキの準備として「争議発生」を決議し、今月3日、中央労働委員会(中労委)に争議調整を申請した。これを受けた中労委が13日、調整中止を決定したことにより、起亜自動車労働組合は、合法的にストライキができるようになった。賃金交渉中の起亜自動車労組は先月29日、会社側が提示した通常賃金案を受け入れることはできないとして交渉決裂を宣言していた。

ルノーサムスン労組も、今年SM6(中型セダン)などの販売好調に伴う業績の改善を踏まえ、基本給15万ウォン(約1万5000円)引き上げを要求し、使用者側と交渉中だ。韓国のネットユーザーは「十分もらっている人たちが一番騒いでいる」「会社がどうなろうがお構いなしなんだろうな」など、自動車労組への批判の声が多く寄せられたが、自己都合の国である。企業が倒産しても賃金保証で騒ぐのだろうか…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月18日 11:04 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
自滅パターン
韓米中で新車販売台数がマイナス成長となる中、
競合他社が見守るヒュンダイの自滅パターン。
[ 2017/07/18 12:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp