韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国・文政権の北朝鮮対話路線は既に限界

韓国・文政権の北朝鮮対話路線は既に限界

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)氏が大統領に就任してから約2ヵ月が経過した。同氏の北朝鮮に対する基本姿勢は対話を重視するとしている。しかし、北朝鮮にはまともな対話をする意思があるようには見えない。北朝鮮の金正恩は世界の非難を気にする様子もなく、核開発を進め、大陸間弾道弾(ICBM)の実験を行っている。文大統領は、こうした状況をいかにして打開しようと考えているのか、同氏の意図がよく分らない。

足元で、韓国は中国との関係があまり上手くいっていないように見える。また、文大統領が訪米した際、トランプ大統領との対談も目立った成果を生まなかったと言われている。サムソンの業績がよいこともあり、現在の韓国経済の状況に大きな心配はないだろうが、国内世論を意識して慰安婦問題等を蒸し返すことになりそうだ。文大統領は、国内では財閥改革などを中心とした格差の是正を重視しつつ、外交面では米国と距離をとり、中国に近づくことを重視してきた。しかし、この政策には矛盾が多い。





まず、文政権の対米政策はかなり袋小路に追い込まれていると見るべきだ。文氏が“前政権の負の遺産”と批判してきた米国のミサイル防衛システム(THAAD)の配備計画は遅れている。これに対する米国政府のいらだちも高まっている。この間、米国のトランプ大統領は米韓のFTA(自由貿易協定)を見直す考えも表明した。

輸出依存度の高い韓国にとって、米国との安全保障、および、経済面での関係が後退することは、国力の低下につながる可能性が高い。長い目で考えると、韓国の国力低下は朝鮮半島情勢の不安定化、緊迫化につながるだろう。それは、わが国とっても対岸の火事ではない。
http://diamond.jp/articles/

【管理人 補足記事&コメント】
国の対中政策をみると、中国にすり寄ろうとしている。中韓の首脳会談において文大統領は中国の習近平国家主席に、対話と圧力を軸に対北朝鮮政策を進める考えを示した。格差是正を目指す文政権にとって、中国との関係強化は需要取り込みのためには欠かせない。同時に、中国に近づき北朝鮮への抑止力を確保する考えもある。一方で、すり寄っているはずの中国との関係がTHAAD配備問題で微妙だ。中国はTHAAD配備に大反対しており、国内世論を巻き込んで韓国製品に対する不買運動にまで発展している。それは、韓国経済にとって大きな痛手だ。

韓国同様に約束を守らない北朝鮮である。対話をすれば韓国からの食料物資を補填できる。今の北朝鮮は干ばつ被害で食糧不足である。韓国に対話路線ですり寄ると見せて、物資の調達要求をするだろう。何度同じ朝鮮人でうその付き合いをすれば気が済むのか…。そのツケは日米に来るわけで、北朝鮮のミサイル技術は少なくとも日本へ到達可能である。意図的に発射されれば、日本本土の落下する。間違ったでは済まないだろう。ミサイルが日本領海に落下しても、日本政府の動きは緊急度に欠ける。これでは撃ち落とすなど無理だろうとさえ感じるが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月18日 13:09 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp