韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文在寅政権が北に会談提案、米国冷ややか

文在寅政権が北に会談提案、米国冷ややか

文在寅(ムン・ジェイン)政権が北朝鮮に軍事会談、赤十字会談を申し入れたことに関連し、米国ではホワイトハウス、国務省、国防総省が17日、異口同音に「韓国政府に聞いてもらいたい」という反応を示した。韓国政府は「米国に事前に説明し、米国も十分に理解した」と指摘したが、米国側のムードは「理解」には程遠い様子だ。

ホワイトハウスからしてしっくりしない反応だ。スパイサー報道官は「発言は明らかに韓国政府から出たものであり、韓国に質問が向けられることを望む」と述べた。「明らかに韓国政府から出たもの」との表現は、韓国政府の方針が米国とは異なるという意味と受け止められる。同報道官は「トランプ大統領は(北朝鮮との)対話に向け満たすべき条件を明確にしてきた。それら条件は我々がいる位置とは明らかにかけ離れている」と指摘した。




国務省と国防総省の東アジア・太平洋担当報道官も韓国の対話提案について、「韓国政府にコメントを求めてほしい」と電子メールで回答した。米政府内部で事前にコメントの調整が図られていたもようだ。トランプ政権発足後、米国務省と国防総省が「韓国政府に聞いてもらいたい」と論評したことは過去にも一度ある。先月に終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の環境影響評価をめぐる論争が起きた際のことだ。両省のコメントは当時も示し合わせたように一致していた。トランプ政権による「韓国政府に聞いてもらいたい」との反応は、事実上「米国とは考えが異なる」という意味だ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、軍事会談となると話が違ってくるとし、北朝鮮が「核・ミサイル」で暴走する状況で開かれる南北軍事会談は、北朝鮮の一方的な政治宣伝の舞台になりかねないと伝えている。北朝鮮が8月末の韓米合同軍事演習の縮小や拡声器による宣伝放送の中断を要求し、韓半島(朝鮮半島)が緊張している責任を韓米に転嫁するとの観測もあるとし、ワシントンの外交筋は「韓国が軍事会談で核・ミサイルによる挑発の中断を要求しても、北朝鮮は『米国との問題だ』として聞く耳を持たないはずだと報じている。

韓国は対話を急いでいる。今月初めの主要20カ国・地域(G20)首脳会議で、韓米日の首脳は対北朝鮮制裁での協調に合意したが、韓国が対話へと軌道を離脱すれば、3カ国による協調体制は揺らぎかねない。さらに、中国・ロシアが南北対話を見守るムードをつくり出せば、国連安全保障理事会などを通じた対北朝鮮制裁の努力も水の泡になる懸念があるとしている。だが、韓国大統領の資質云々ではない。国のトップの発言は、実行力としてとらえられるだけでなく、語ったからには実施する義務と責任があるわけで、その責任は大きいのも事実。失敗したからと言って責任転嫁は許されない。余計な事を語った文大統領は自分で自分の首を絞めることになる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月19日 10:39 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL