韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  中国の女子は、どうしてこんなに日本の化粧品を愛するのか

中国の女子は、どうしてこんなに日本の化粧品を愛するのか

中国人観光客による「爆買い」ブームは収まったが、それでも中国における日本の化粧品に対する人気は高く、日本を訪れた美を愛する中国の女性たちが競うようにさまざまな化粧品を買って帰る傾向はなおも続いているようだ。中国メディア・今日頭条は18日「中国の女子はどうして、これほど日本の化粧品が好きなのか」とする記事を掲載した。
 
記事は「どうして中国の女子たちが日本のドラッグストアに入り、買い物かごをもって奔走して化粧品を買いまくり、満面の笑みを浮かべるのか。その理由がついに分かった。日本の商品は洗顔フォーム1つとっても、よく考えられたデザインで作られているのだ」としている。
 
さらに、日本の化粧品が中国女子たちを引き付けて止まないポイントとして「安全性が確保されていること」と「デザインに加えて、環境保護にも力を入れていること」を挙げ、日本を代表する化粧品メーカーで、今は花王の子会社となっているカネボウ化粧品を例にとって説明した。
 




安全性については、小田原工場(花王コスメプロダクツ小田原)の様子を紹介。「工場に入るや否や、カネボウがまさに安全性を極致まで追求していることに気づかされ、驚かされる。各従業員は工場に入る前に必ずアルコール消毒し、帽子とマスクを着用する。髪の毛が露出していてはいけないのだ。生産ラインは機械化されているが、各工程に専門の検査人員がおり、ひとたび問題が起きればすぐに排除する。こうして、消費者の手元に届く商品に問題がない状況を確保しているのだ」と伝えている。
 
また、環境保護については、ドラッグストアなどに並んでいる同社製品の包装に注目。ゴミの発生を減らすため、化粧水を詰め替え式にする、もともとプラスチックだったアイライナーのパッケージを紙製にする、ガラス瓶に再生利用可能な素材を採用するといった試みが行われていると紹介した。そして「化粧品ブランドとして、技術、サービスにおいて絶えず自身の殻を破り、まさに女性の立場から美しさについて考えるとともに、自らの社会的責任を担い、環境保護を続けていく。だから、日本の化粧品ブランドは世界でこれほどまでに喜ばれているのかもしれない」と結んだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国メディア・今日頭条の掲示板内に2月15日、「日本の化粧品はどうしてこんなに人気があるのか」というスレッドが立った。このシンプルな疑問に対して、複数の中国のネットユーザーが回答を寄せている。あるユーザーは「無添加で安心安全」、「アジア人の肌に合っているから」、「バリエーションの豊富さ」、「間違いない技術の高さ」、「長い歴史を持つブランド」、「口コミによる評判の高さ」、「化粧を愛する日本人女性の影響」、「中国産化粧品に対する不信感」の8点を挙げて説明している。中国製品に対する不信感では、歴史の浅さからくる技術の未成熟さと、安全性の問題という2つの要素が絡み合っているようだ。

化粧品は肌に直接付けて使用するものであり、品質の悪いものを使えば炎症を起こしたり体調を崩したりするリスクが高くなる。より安全に、より安心して、自らを美しくメイクアップしたいという自然な欲求が、多くの中国人に信頼されているという事の様だ。一方で中国の消費者は、自国製品を当然のように信頼し、安心して利用できる日がやって来ることを心から望んでいるというが…。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月19日 19:03 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp