韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  最低賃金引き上げによる追加負担、零細企業が大企業の16倍

最低賃金引き上げによる追加負担、零細企業が大企業の16倍

最低賃金上昇に伴う零細事業体の賃金負担率が、大企業に比べて最大16倍も高いという調査結果が出た。最低賃金の影響が集中する業種の特性を考慮した細密な政策的支援の必要性が指摘されている。19日、オ・サンボン韓国労働研究院研究委員が発行した「最低賃金の引き上げの影響および補完対策」によると、来年の最低賃金が今年より15%高くなった場合、4人以下の事業所の人件費の追加負担は300人以上の大企業より16倍も高いことが分かった。最低賃金の急激な引き上げによる人件費負担の増加が、事業所別にかなり異なっているのだ。

同報告書は来年、最低賃金の引き上げ率が最近5年間(2013~2017年)の引き上げ率の平均値(7.42%)より高い15%と策定された場合、人件費負担が事業規模、業種別にどれだけ増えるか推算したものだ。 来年の最低賃金が15%引き上げられた場合、人件費負担は平均0.8%ポイントさらに増えるものと分析された。しかし、大手企業と零細企業や業種別に大きく異なることが分かった。4人以下の事業所の場合、人件費の追加負担は2.25%ポイント増加し、300人以上の大企業(0.14%)より16倍も高かった。業種別に見ると、飲食・宿泊は4.35%ポイント増加して人件費の負担が最も多く増えており、芸術・スポーツ・レジャー(3.68%)や保健・福祉(3.63%)、不動産・賃貸(3.53%)が後を継いだ。




今月15日、来年の最低賃金が時給6470ウォン(約644円)から1060ウォン(16.4%)上がった7530ウォン(約750円)に決定された。文在寅(ムン・ジェイン)政権の目標どおり、2020年まで最低賃金1万ウォン(約996円)を達成するためには、毎年15%以上引き上げられなければならない。

オ・サンボン研究委員は報告書で「最低賃金の影響が大きい部門を類型化し、細密な支援対策を講じなければならない」と提言した。小商工人と自営業者の多い飲食業・小売業には社会保険料やテナント料、クレジットカードの手数料の軽減が、保健・福祉業の場合には保育と療養に対する報酬体系の改善と社会サービス公団の設置が必要だと指摘した。また、フランチャイズが集中している部門は不公正取引行為の監督と収入の保障が、製造業と建設業には下請納入単価の調整が対策に含まれるべきだと付け加えた。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
最低賃金は毎年零細・小型事業所の賃金引き上げガイドラインとなり、その引上げ率が中小・中堅・大企業などの労使交渉にも影響を与える。最低賃金を引き上げるからといって、その分が実態経済の景気上昇となるのかは難しい。これまで最低賃金の引き上げが最低賃金周辺で仕事をしている労働者の雇用だけを脅かしてきたという現実がある。今年から最低賃金水準の給与を支給されることになるマンションの警備員を取り上げてみても、その大半が失職の危機に直面している。マンションの住民が人件費の負担増加を理由に自動化警備システムを使ったり、警備員数を減らしたり等のやり方で対処してきたという経緯がある。

利益率が少しも動かない零細業者の経営を崖っぷちに追い立てる可能性が大きいわけで、経済学の教科書にケチをつけながらも最低賃金を上げようとするのが韓国の政界だ。賃金を引き上げよとするアベノミクスのまねをするのは良いが、アベノミクスは徹底した構造改革を前提としている点を認識する必要がある。夢ばかり追いかけても、企業340万社あるなかで、88%雇用が中小企業となる。日本と比較し企業数が多すぎる実態もある、企業規模も小さいわけで、零細企業も多数ある。最低賃金は国民経済の下支えをしている小規模企業の低迷加速を促す結果となりかねない。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月20日 09:17 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL