韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の若者、初就職まで1年かかる…3人中2人は1年2カ月で離職

韓国の若者、初就職まで1年かかる…3人中2人は1年2カ月で離職

若者(15~29歳)が初就職するまでにかかる期間は11.6カ月で、就職経験のある若者の62.2%は1年2カ月で離職したことが分かった。低い賃金水準と長い労働時間が仕事を辞めた主な理由に挙げられた。19日、統計庁が発表した「5月基準の経済活動人口調査の若年層付加調査」結果によると、今年5月基準の若年雇用率は43.4%で、1年前より0.7%ポイント上昇した。しかし、実質的な就業年齢の25~29歳の雇用率は69.8%で、前年より0.7%ポイント下落した。

若者たちが最終学校を卒業(中退)してから、初就職までかかる期間は11.6カ月で、前年より0.4カ月増えた。学校を卒業してから初職場に足を踏み入れるまで3年以上がかかった割合も9.7%で、前年同期に比べ1.0%ポイント上昇した。就職した経験のある若者が仕事を辞めた割合は1年前より1.4%ポイント高くなった62.2%だった。彼らの平均勤続期間は1年2.7カ月だが、これは昨年より0.01カ月減少したものだ。





離職した理由として若者の半数以上(51.1%)が「報酬や勤労時間など労働環境への不満」を挙げた。昨年、若者たちの初任給の分布を見ると、150万ウォン(約14万9千円)が54.3%を占めた。業種別に若者たちの初職場は商業・個人・公共サービス業(38.9%)や卸売・小売・飲食宿泊業(28.6%)など、サービス業種に集中していた。

職業訓練の経験がある若年層人口は172万8千人で、1年前より19万8千人(12.9%)が増えたが、昨年よりさらに多くの若者が私教育に依存したことが分かった。職業訓練を受けた場所としては60%が専門学校などを挙げたが、前年より1.4%ポイント高くなった割合だ。公共団体が運営する訓練機関で職業訓練を受けた場合は10%で、昨年より0.8%ポイント減少した。就業斡旋も新聞・雑誌・インターネットなどを通じて応募したという若者が30.1%で依然として最も高い割合を占めており、公開採用試験(20.9%)や家族・知人の紹介(19.9%)などがその後を続いた。公共と民間を含めた職業斡旋機関を通じて就職した場合は9.3%に止まった。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
日本の場合は、安定している会社や、やりたい仕事ができる会社を企業選びのポイントとしている学生が多数派だが、労働環境が厳しく退職者も多い”ブラック企業”を避けて、「長く勤めることができる会社」に行きたいと思っている人は多い。平均勤続年数は、長く勤められる会社を判断する重要な指標だ。勤続年数が長ければ、定年まで働く社員が多い会社という判断ができる。逆に短い会社だと、人の入れ替わりが多い可能性がある。従業員が1万人を超える大企業で平均勤続年数が長いのは、9位ホンダ(23.8年)、15位パナソニック(23.3年)、18位東京電力ホールディングス(23.0年)、24位デンソー(22.4年)、九州電力(22.4年)などが挙げられる。

平均勤続年数が長ければよいというわけではなく、業績不調の場合もある。しかしこれが長すぎると社員の年齢層が高くなる。定年が60歳の企業を考えた場合、基準の平均勤続年数は、主として大卒を採用する企業の場合は(60-22)/2=19年、主として高卒を採用する企業の場合は(60-18)/2=21年であり、これを越せば社員の年齢層が高くなる。大手企業の平均となると対象企業の単純平均は13.6年(対象社数2784社)となる。毎年同じ人数を採用し、定年まで誰も辞めない会社であれば、平均勤続年数は19年(大卒から60歳までの38年勤務を前提)になる。世代間の人員バランスや中途社員の比率によって、平均勤続年数は変動する。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月20日 09:34 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp