韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  南北軍事会談の開催が失敗に…北朝鮮、来月赤十字会談も暗雲

南北軍事会談の開催が失敗に…北朝鮮、来月赤十字会談も暗雲

文在寅(ムン・ジェイン)政権が南北軍事当局会談を開こうと提案した21日午後まで、北朝鮮は公式反応を示さなかった。政府が来月1日に開こうと提案した離散家族再会に向けた南北赤十字会談まで実現されないのではないかという懸念の声が上がっている。ムン・サンギュン国防部報道官は同日、立場表明を通じて、「北側が早期に私たちの提案に応じることを改めて求める」と述べた。

文大統領の「ベルリン構想」」の後続措置として、今月17日に政府が同時提案した軍事当局会談と赤十字会談は、北と南が望んでいるものを共に並べながらも、北朝鮮の望みを優先した形だった。しかし、北朝鮮は、党機関紙の「労働新聞」などを通じて南北関係に関する基本的な水準の論評を出す以外は、何の反応も示さなかった。専門家は、北朝鮮当局が直接的な反応を示さない理由を主に2つに分けて説明している。





第一に、南北関係の改善と関連し、まだ金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の“決心”がついていないという指摘だ。新たに発足した文在寅政権が李明博(イ・ミョンバク)・朴槿惠(パク・クネ)政権と違うのは分かるが、何がどう異なるのかについて“確信”する段階には至っていないということだ。6・15共同宣言と10・4首脳宣言を通じて培われた南北間の信頼が、9年以上の空白期を経て、跡形もなく消えたからだ。

政府が韓米協力と北朝鮮の非核化を強調するのも、北朝鮮に“疑念”を抱かせているものとみられる。文在寅大統領の意図とは異なり、韓米首脳会談で出たいわゆる「正しい環境」や、「ベルリン構想」で言及した「北朝鮮が挑発を止め、非核化の意志を示してくれれば」などの表現を、北朝鮮と南北対話の前提条件として受け止めている可能性もある。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
北朝鮮にとっての一番の敵国はアメリカとなる。朝鮮戦争で勝利目前でアメリカに押し上げられ軍事境界線が引かれたわけで、アメリカからの攻撃を一番恐れている。そのアメリカと交渉をするためには、アメリカと同じ立場に立たなければならない。北朝鮮はアメリカに比べて軍事力、経済力も劣っているため、核兵器を保有することによって軍事的なバランスをアメリカと同等レベルにまで引き上げ、交渉をしようとしているというのが専門家の話だ。

しかし現実を考えれば大国アメリカと同等になることは、北朝鮮レベルの国の大きさでは無理である。交渉をするためと言うが、そもそもアメリカと安全条約を結べば解決する話であるが…、そう単純ではないのは、アメリカは南朝鮮を傘下に置く国である。統一は南朝鮮主導となるわけで、朝鮮半島の主権を握るには南朝鮮主導はあり得ないわけで、北朝鮮からすれば南を制圧したいが、実施すればアメリカの攻撃で国がなくなる事を一番恐れていることが、交渉と言いつつ簡単ではなく、70年経過しても一向に前進しない理由である。従って文大統領が対話と言っても、北朝鮮は韓国を利用することはあっても、それで非核化云々はない。




最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月22日 09:24 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp