韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国人も日本人も来ない!・・・韓国の観光業界で警戒広がる

中国人も日本人も来ない!・・・韓国の観光業界で警戒広がる

韓国では、中国や日本からの観光客が減少していることを受け、観光産業がどん底まで落ち込み、成長が停滞する「L字型」局面に突入することに対する警戒が広がっている。中国メディアの中華網はこのほど、「中国人旅行客が6割も減少した韓国の観光産業はL字型での低迷に突入する恐れがある」と論じる記事を掲載し、韓国の観光業界の現状を伝えた。
 
記事は韓国メディアの報道を引用し、高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備に反発する中国政府が実質的な報復措置として韓国への旅行を制限して以降、韓国を訪れた中国人観光客は3月が36万人(前年同月比40%減)、4月が22万人(同66.6%減)、5月が25万人(同64.1%減)と急激に減少していることを紹介した。さらに、2016年の訪韓外国人の46%を占めた中国人だけでなく、2番目に多かった日本人観光客も減少に転じていて、4月の訪韓日本人観光客は前年同月比5.4%減の16万人となり、5月も同10.8%減の15万人と落ち込んだことを紹介した。




そして記事は、韓国の観光業界の関係者の見解として、韓国を訪れる中国人と日本人の減少が続き、増加に転じることがなければ韓国の観光産業はL字型で低迷し、しかも低迷は長期化するかもしれないと懸念をにじませていることを紹介した。
 
韓国でも日本同様、中国人旅行客による経済効果は非常に大きかった。中国人旅行客の減少は、韓国の多くの企業にとって、存続の危機にもつながりかねない大問題であり、実際に韓国の免税店は閑古鳥が鳴いている状況となっているようだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
梨花女子大学はその独特な建築の風格や学校周辺に並ぶお洒落なショップによって、これまで中国の若い観光客が最も好きな韓国の観光スポットであり続けてきたという。ソウルで最も有名な商業エリアとして、かつては人であふれかえり、観光客どうしが足や肩をぶつけるほどだったが、近ごろでは異常なまでに静まり返っているとのことだ。ところが同大学付近で雑貨店を10年営んでいるという店主は「3月から商売がひどい状態になり、売り上げはかつての半分という状態だという。そもそも韓国人もやって来ない。

2017年6月21日、過去最多を記録した5月の訪日外国人は、229万4700人となる。およそ4人に1人に当たる24.4%が韓国人だったと聯合ニュースが伝えた。 日本政府観光局(JNTO)が21日発表した「訪日外客数(2017年5月推計値)」によると、5月に日本を訪れた韓国人は昨年同月と比べ85%増加の55万8900人、増加率は5月の全訪日外国人の前年比増加率21.2%の約4倍に上った。一方、毎年大きく増えていた中国人の増加率は2%にとどまった。 5月の訪日客数を国籍・地域別にみると、韓国が最多で、続いて中国51万7100人、台湾40万7500人、香港18万1600人が続く。また韓国人の数は1〜5月の累計でも282万7000人を記録し、国籍別で最多を記録した。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月22日 11:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL