韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本の対韓国感情は悪化 韓国の対日感情はやや改善

日本の対韓国感情は悪化 韓国の対日感情はやや改善

日本の民間非営利団体「言論NPO」と韓国のシンクタンク「東アジア研究院」は21日、2013年から毎年実施している日韓関係などに関する共同世論調査結果を発表した。相手国にマイナスの印象を持つ人は、日本では昨年より増加して48.6%と悪化したが、韓国ではやや改善して56.1%となった。記者会見した言論NPOの工藤泰志代表は「日本の悪化は歴史問題で批判を受けているため」と指摘。韓国の改善は「訪日観光客が増え、直接交流の拡大が影響した」と分析した。

ただ、現在の日韓関係については、日本の57.7%、韓国の65.6%が「悪い」と回答し、昨年より増加。一方で、国民感情の悪化を「望ましくない」「問題だ」と懸念する人は両国の6割強に上り、昨年を上回った。慰安婦問題に関する15年の日韓合意を評価すると答えた人は昨年に比べ、両国ともに減少。調査は6~7月に日韓でそれぞれ約千人を対象に実施した。(共同)
http://www.sankei.com/




【管理人 補足記事&コメント】
米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍への配備に反発する中国で“限韓令(韓流締め出し)”が広がる中、韓流コンテンツに対する海外消費者の消費心理が全般的に萎縮しているという。韓国文化産業交流財団が11日までに公開した2016年の「グローバル韓流実態調査報告書」によると、「1年後、韓流大衆文化商品に対する消費支出が増加すると思う」と答えた海外の消費者の比率は31.0%にとどまった。

14年の調査当時に韓流への消費支出増加を予想した比率は40.9%で、15年は41.3%と微増したが、16年には10ポイント以上減少した。国別では米国、中国、英国、アラブ首長国連邦(UAE) などの減少幅が大きかった。今回の報告書は昨年10~12月に米国、中国、日本、英国など15ヶ国、計7200人の消費者を対象にしたオンラインアンケートを基にした。報告書は11年から作成されている。韓流に対する否定的な認識も広がっていることが分かった。反韓流に対する共感度は21.1%で、前年(16.2%) よりも高くなった。

反韓流に共感する理由としては「韓流コンテンツの画一性・マンネリ化」が19.6%で最も多く、「コンテンツが刺激的・扇情的」(13.7%)、「コンテンツが商業主義的すぎる」(13.5%)、「韓国との政治・外交摩擦」(12.5%)などが挙がった。国別の反韓流共感度はインド(33.7%)、日本(28.3%)、中国(27.8%)、UAE(25.0%)の順で高かった。韓流コンテンツ利用時に不便な点としては「外国語情報の不足」(38.3%)、「体験機会の不足」(19.4%)、「高い価格」(15.0%)などが多く挙がった。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月22日 11:41 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
忘れる鳥頭は韓国
韓国の経済成長率は2010年がピークで、その後下降。
国のトップが何らかの対策を迫られるのはこの頃から。

韓国の明示的反日政策は李明博 2012年の「天皇あやまれ」発言、
このあたりから始まって、朴槿恵に引き継がれ、国が国民を
煽って反日世論形成、その世論を背景にして大統領が反日を
繰り返すパターンにはまった。
文在寅本人は反日、親日どちらでもないが、世論を意識して
反日に振れる。その文在寅は世論を修正する気はない。

>相手国にマイナスの印象を持つ人は、日本では昨年より増加して
>48.6%と悪化したが、韓国ではやや改善した。

何が示されたかと言うと、忘れないのは日本で、忘れる鳥頭は韓国、ということ。
李承晩は対馬侵攻の作戦を展開して、韓国北部が手薄になり北朝鮮に
攻め込まれた。日本人の誰もが知っている韓国史のひとこま。

日本人の反韓感情の代表例を、韓流コンテンツの人気低下で語るのは
軽薄過ぎる。中味の薄い芸能は流行が終わるとすたれる。
[ 2017/07/22 13:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL