韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  店のコンセプト、客との距離感・・・日本の飲食業から学ぶべきポイント

店のコンセプト、客との距離感・・・日本の飲食業から学ぶべきポイント

中国メディア・今日頭条は20日、日本の飲食業について中国の業者が学ぶに値する点について紹介する記事を掲載した。単に食べ物だけに留まらない、あらゆる部分位に対する細やかさが、見習うべきポイントのようである。記事は、日本では1990年代のバブル崩壊以降、飲食業界にモデルチェンジの波が起こり、現在では非常に成熟した状態であると紹介。「中国と日本の飲食を取り巻く大きな環境は似ており、日本の飲食業界の現状が、中国飲食業の未来の道とも言える」とした。
 
まず、見習うべき点に挙げたのは「提供する料理の内容だけでなく、店構えにもこだわりを持つこと」だ。木や鉄、布といった様々な素材を用い、使用するフォントや図柄も研究し、数ある中からターゲットとなる消費者の目を引くことが大切だとしている。また、日本の飲食店は客からのクレームや提案を大事にしており、店主がすすんで客とコミュニケーションを取ると指摘。細やかさや温かみを感じさせつつもしつこくならないという客との距離感についても言及した。




さらに、業界の競争が激しいことや、日本人に備わった匠の精神により、日本の飲食店は主力商品を1つ開発し、それを絶えず高めていくことに長けていると紹介している。このほか、科学的で精密な顧客のターゲッティングを行い、それに見合った立地を探して店を開くこと、自動の調理機械や洗浄機を積極的に導入して効率を下げるとともに、人的コストを合理的に減らすこともポイントに挙げた。
 
提供されるメニュー、店のデザイン、サービスなど工夫をすべき点はたくさんある。もちろん、パッケージにこだわりすぎてメインである料理の質がないがしろになれば人気が出る由もない。そしてまた、目先の利益にとらわれ過ぎないという点も大切ではないだろうか。日本のシステムが中国でそのまま生かせるかについては疑問が残るが、細かい点にまで気を配るというのは、中国でも同じはずだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
記事では本質は見抜けない。距離にもいろいろある。企業でいえば上司との距離感。上司レベルになれば役員との距離感。役員になれば役員派閥との距離感。実は企業にはこの距離感を数値に示する手法がある。客から企業の社長に至るまでの距離感を数値で示し分析する。だがこの手法はどの企業でも使われるというほど標準化には乏しい。特には化粧品業界では、顧客との距離感を含めて、様々な取り組みを実施している。品質工学による指導の一部となっている。

部分的ではあるが、主力大手企業はこの手法を用いて、実際に分析を実施し、それぞれの企業にあった距離感を求め、高付加価値商品開発に生かしている。最も品質工学でなくとも、お客との距離を感じ取り、厳しい企業競争の中で学んだはず。後にそれをノウハウとせずに、数値化して標準化できるかどうか取り組んだというわけだ。プロジェクトチーム或いは組織として、今もなお引き継がれているのではないか…。適切な距離感は常に、周りの要因で変動する様だが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月22日 18:55 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL