韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国でも日系車は売れている・・・米国での売れ筋は参考になる

米国でも日系車は売れている・・・米国での売れ筋は参考になる

世界最大の自動車大国である中国の路上では、日本とはまったく違った光景が広がっている。日本の路上で目にするのはほとんどが日本車だが、中国ではフォルクスワーゲンのようなドイツ車やGMなどの米国車、フランス車や韓国車、日系車や中国車など、非常に多種多様な車が走っている。
 
中国では歴史問題や領土をめぐる対立からか、日系車に対して批判的な意見も存在するが、多くの消費者が「安くて故障が少なく、燃費も良い」といった理由で日系車を選んでいる。だが、日系車が多くの消費者に選ばれているのは中国だけではないようだ。
 
中国メディアの今日頭条は14日、「最も発展した国の1つである米国人は、なぜ日系車を愛用するのか」という記事を掲載し、その理由について論じている。記事はまず、「米国で多く販売されている車は日系車であってドイツ系車ではない」ことを紹介し、日系車は米国で決して安く販売されているわけではないのに、なぜ支持を得ているのかと疑問を投げかけている。
 



ではなぜ日本車は米国で人気があるのだろうか。記事は、「米国人が車を購入する際に重要視するのは実用性や購入後の維持費である」と主張する一方、日本車は信頼性が高く、故障率が非常に低いうえに燃費性能が高いために維持費が安く済むことを指摘、こうした理由こそ日本車が米国で支持を集める理由として紹介されている。
 
結論として「世界でもっとも進んだ自動車社会と言うべき米国の消費者の多くが日本車は選択しているという事実は、それだけ日本車が良い車だということ」とし、車について詳しくない中国人にとっては「米国での売れ筋は参考になる」と主張した。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
5月の米国自動車市場は、乗用車の販売台数が昨年同期比で0.5%減少し、約152万台だったと紹介。これは5カ月連続の減少だ。自動車グループ別にみると、5月の販売台数トップ5は、フォード、GM、トヨタ、フィアット・クライスラー、ホンダの順だったが、記事は7位のヒュンダイ・起亜に注目。これまで米国市場でよい成績を収めてきたものの、5月の販売台数は11万8518台、1月からの累計では前年同期比7.1%減の55万6890台だった。

そんな中で、現代自動車グループの高級ブランド「ジェネシス」が米国でBMWとリンカーンを抜き、新車品質満足度で1位に上った。 ジェネシスブランドは米自動車専門調査会社であるStrategic Visionが発表した「2017品質満足度調査」でG90が高級車部門1位を占めたと21日、明らかにした。計27車を車級別に分けて実施した今回の評価でG90は1000点満点で761点を取得し、BMW7シリーズ(721点)、リンカーン・コンティネンタル(720点)などを抜いて高級車部門で1位に上った。27車級の評価対象となった全体車種の中でも3位となった。

それでも売れない韓国車である。品質満足度調査と売り上げは必ずしもリンクしない…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月23日 11:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL