韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「100年企業」京紡、最低賃金引き上げで光州工場を海外移転

「100年企業」京紡、最低賃金引き上げで光州工場を海外移転

1919年に京城紡織としてスタートした韓国国内1号上場企業の京紡が光州(クァンジュ)の綿糸工場の半分をベトナムに移す。来年から時給7530ウォン(約751円)に上がる最低賃金に対応するのが難しいと判断したからだ。京紡は繊維産業が斜陽産業となってからも工場の自動化、製品のプレミアム化などで国内の工場を維持してきた。

キム・ジュン京紡会長(54)は24日、韓国経済新聞のインタビューで「きょう取締役会を開き、光州工場のベトナム移転を決めた」とし「繊維産業の限界を克服するために努力したが、来年度の最低賃金16.4%引き上げが決定し、これ以上は乗り越える余力がないと判断した」と述べた。京紡は国内で運営する光州・龍仁(ヨンイン)・半月(バンウォル)工場のうち最も最新式設備を備えた光州施設を移転する。5万5000錘の綿糸を生産する設備のうち2万5000錘の施設だ。

京紡は国内繊維産業を牽引した第1世代企業だ。日本による植民地時代に「私たちの服地は私たちの手で」という理念のもと、1919年に京城紡織として出発した。




「民族の希望」だった京紡は戦後、韓国経済の主役に成長した。キム会長の祖父・故金容完(キム・ヨンワン)京紡会長は全国経済人連合会会長を6回務めた。金容完会長の息子でありキム・ジュン会長の父の故キム・カクジュン京紡名誉会長も全経連会長を務めるほど、京紡は国内の産業発展に重要な役割を果たした。

工場の移転にかかる費用は約200億ウォン。ベトナムの人件費は韓国の10分の1水準であり年間賃金上昇率も7%前後であるため、十分に元が取れるという判断だ。 キム会長は「事業をするうえで最も難しいのが不確実性」とし「ベトナムは『予測可能な市場』だが、(最低賃金が1年に16.4%上昇する)韓国は『予測不可能な市場』になってしまった」と語った。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
一方で企業のみならず自国民の就職にも変化が出てきている。2016年9月8日、韓国・世界日報によると、仕事を求めて海外に行く若者、いわゆる「Job Nomad(職業放浪者)」が増えていると報じた。韓国では近年、若者の失業率が10%に達するなど、大学を出てもそれに見合った働き口に就けない現実から海外での就職を目指す若者が増えており、就職難という理由以外にも、国内で働いてから海外で再就職をするケースも多くなってきている。実際に、雇用労働部が支援した研修、あっせん、インターンプログラムなどを通じて海外で就職した若者の数は、2013年は1607人、2014年は1679人、2015年は2903人と増加しており、就職先の国別では、日本が1267人(20.5%)、米国が853人(13.8%)、シンガポールが729人(11.8%)、豪州が557人(9%)だったという。

韓国政府も海外就職支援に力を注いでおり、年度別の海外就職予算はここ5年間で2倍以上増加している。年間5000人程の海外就職者を1万人に増やす方針だという。政府の後押しの意味合いは本来違うのだが、若者は韓国への不満を抱いて海外に出ているのは1995年当時から次第に多くなっているわけで、挙句に企業まで海外に出れば、規模の小さい中小企業と高齢者だけが残り、ますます自国民経済は冷え込むだろう。最低賃金の引き上げと法人税改革は、外資系企業にとっては拠点移動だが、純粋な自国企業の中堅企業までが海外に移動するのでは、高齢者の自営業が増加し、小さい事業体ばかりが増えて、景気は後退する…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月25日 10:53 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
製造業から小売業へ
>「私たちの服地は私たちの手で」という理念のもと、
>1919年に京城紡織として出発した。

京紡(Kyungbang)かつては、国内産業の旗頭。
普通の営利企業となった現在は、収益確保のため海外移転。
一緒にベトナムに行かない従業員は解雇か、
それとも子会社のショッピングモール(Times Square Soul)で
再雇用か。

Times Square Soul
http://www.timessquare.co.kr/?controller=eng&action=main
[ 2017/07/25 23:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL