韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本初・アリババグループが採用するAI物流ロボットを稼働開始

日本初・アリババグループが採用するAI物流ロボットを稼働開始

株式会社アッカ・インターナショナル(本社:東京都港区、代表取締役:加藤 大和)は、物流業界の人手不足の打開策として、7月24日、中国最大のインターネットショッピング・モールであるアリババグループが採用するAI物流ロボットの稼働を、日本で初めて開始した。
 
ECサイトで顧客が購入した商品を倉庫から取りに行くピッキング作業と、入荷時に商品を保管する棚入れ作業をロボットで自動化することにより、従来の人力と比較して作業効率が6倍以上になり、省人化と人件費の削減が可能になる。第一号クライアントは、同社が手がけるドイツの靴メーカーBirkenstock(ビルケンシュトック)ジャパン社(導入所在地:千葉県印西市)。
 
AI物流ロボット導入のメリットは、省人化と省エネ化。人力では1時間あたり50点程度だった上限ピッキング数が、ロボットにより300点以上になり、作業効率が飛躍的に向上する。また、ロボットは30分の充電で10時間の稼働が可能。



物流の大型機械の導入は、これまで初期の高額投資、資本回収の長期化といった導入リスクを抱えていたが、ロボットが人に代わって作業を行うことで人件費を削減でき、同社によれば、約2年で導入費用を回収できるとのこと。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
ECサイトで顧客が購入した商品を倉庫から取りに行くピッキング作業と入荷時に商品を保管する棚入れ作業をロボットで自動化することにより、従来の人力と比較して作業効率が6倍以上になり、省人化と人件費の削減を可能にする。第一号クライアントとして、アッカが手がけるドイツの靴メーカーBirkenstock(ビルケンシュトック)ジャパン社で導入した。AI物流ロボット導入のメリットは省人化と省エネ化。ピッキングの作業効率が人力の6倍に、倉庫のオペレーションを刷新。AI物流ロボットが商品のピッキングや商品棚の移動などを最適な動きで行い、人は出荷指示と棚へ商品を入れる作業だけすればよくなり、省人化が可能になる。

人力では1時間あたり50点程度だった上限ピッキング数が、ロボットにより300点以上になり、作業効率が飛躍的に向上する。棚入れする作業者にとって歩く作業が大きく軽減される。また、ロボット導入により無人スペースができ、空調管理や電灯などを必要最低限で済ませることができ、省エネ化につながる。ロボットは30分の充電で10時間の稼働 ができる。電気代も非常に安価で、省人化による人件費削減と併せて低コストでの運用をかなえる。このAI物流ロボットは、AIを最大限活用している。ロボットを制御するシステム内ではモノが動いたデータを蓄積・判別することで、人気商品の棚を出荷場所の近くに自動で移動させ、倉庫の最適化を図る。ギークプラス社のAI物流ロボットでは人に代わってロボットが作業を行うことで人件費を削減でき、約2年で導入費用の回収がかなうという。

既存製品部門のファイナリストであるキュービスキャン社の「キュービスキャン75」というアイテムは、物流業界で避けては通れない荷物の測量技術に特化した、荷物専用のスキャナーです。最先端の3Dカメラであらゆる角度から撮影することで、重さを正確に測量する。どのように梱包すれば輸送コストを最小限に抑えられるのかを自動で計算し、出荷時の荷物重量を最小限に抑えてくれる優れものだ。毎回の出荷コストを抑えることで、輸送の費用対効果を最大限に高めてくれる。 紙を使わず情報をすべて電子化するペーパーレスは、一見新しい技術という印象を受けません。しかしこちらのソフトウェアのスゴイところは、ピッキングカートとラインに特別なiPadを導入することで、ピッキング時に通常必要な商品一覧の用紙や携帯端末を持つ必要が全くない等々…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月25日 11:13 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL