韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  なぜ中国人はわざわざ日本まで医療を受けにやってくるのか

なぜ中国人はわざわざ日本まで医療を受けにやってくるのか

中国人富裕層の訪日医療ツアーは2000年代から始まっていたが、2011年の東日本大震災や2012年の尖閣問題で一時は退潮傾向にあった。それが個人旅行者の増加とともに、近年再び脚光を浴びている。ゴルフ付きの人間ドックの場合は237万円といったものもあるが、一般的なレベルの人間ドックでも総額100万円ほどの金額になる。医療ツアーの受け入れ業務や医療通訳士の育成を行っている日本抗加齢センターの真野博氏が説明する。

「外国人患者は通訳を交えて会話するため、医師にとっては意思疎通の手間と時間が日本人以上にかかってしまう。さらに、人間ドックで使う検査機器の利用代金として、日本人向けより高く設定していることがあるようです」.。 通訳料金は別途必要で、半日で5万円前後、1日の場合10万円ほどになる。さらに、病院からホテルまでハイヤーでの送迎サービスを利用すると、往復10万円かかる。このため、日本人だったら30万円程度の1泊2日の人間ドックを外国人が受ける場合、通訳や送迎料金などを含めると、総額100万円ほどかかるのだ。
http://www.zakzak.co.jp/




【管理人 補足記事&コメント】
中国人の訪日医療ツーリズムにおける健康診断は、(1)健康な人が安心を手に入れる予防医学としての一般的な健康診断、(2)心臓病や糖尿病などの疾病を抱える人が受ける専門的な健康診断、(3)中国国内で何らかの手術を受けた人が術後の経過や手術の効果を確認することを目的にした術後健康診断という3つに分類できるという。 ごく基本的な健康診断を受けてみるという人から、繰り返し定期検診を受ける人までさまざまだが、わざわざ日本に行って、費用をかけて健康診断を受けることを、「健康を維持するのに必要な投資だ」と考える人が増えているとの事。

日本で医療サービスを受けた経験を持つ中国人は、患者の病状からその対処方法にいたるまで、患者が納得するまで「徹頭徹尾」説明してくれたため、男性は非常に安心して治療を受けることができたと振り返っている。中国では「日本のサービスは質が高い」と言われるが、医療においても同様に中国人患者は「日本の医療サービスは質が高い」と感じている様だ。

新華社は、日本では病院を訪れてから診察や検査が行われ、一連の結果が出るまでのスピードも速いと紹介。また、観光する時間も十分にあることが日本の医療観光の魅力だと伝え、病院の近くにある商店街で買い物を楽しんだり、ちょっと足を伸ばせば温泉を楽しむこともできるとし、「高度な医療サービスを受けると同時に、異国情緒を体験できるのも魅力」と伝え、中国人にとっては医療サービスを受けるために日本を訪れる価値はあるとの見方を示している。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月25日 11:40 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL