韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  カカオと現代車が「音声認識カーナビ」でスクラム

カカオと現代車が「音声認識カーナビ」でスクラム

人工知能(AI)のスピーカーが家の外に出て、日常生活全般に食い込んでいる。技術の適用速度が速くなり、車両やコンビニでも「AI秘書」に出会うことができるようになった。カカオは24日、AIプラットフォーム「カカオI(アイ)」を活用したサーバ型音声認識技術を、9月に発売される現代(ヒョンデ)自動車の「ジェネシスG70」に適用すると発表した。スマートフォンと車を接続する技術はこれまで多く開発されてきたが、車両に内蔵されるインフォテインメントシステムと音声認識技術とを組み合わせたサービスは、韓国国内企業の中では初事例といえる。

この技術は、主に車両内のカーナビ画面を音声で操縦する形で使われる。簡単な商号名や住所、周辺のお勧めグルメなどを簡単に言うだけで、車両内カーナビの画面に表すことができる。例えば、自動車のハンドルにある音声認識ボタンを押した後、「道案内・教保(キョボ)文庫」のように「道案内商号名」を言うと、すぐにカーナビの画面に目的地が表示される。カーナビの画面に表示された検索結果リストが複数あるときは、指で直接画面をクリックするか、音声で「最初の」「2番目の」などと言えば選択される。「道案内・清渓川(チョンゲチョン)路1」のように住所を言っても認識できる。





カカオと現代・起亜(キア)自動車は昨年、技術提携を交わし、音声認識技術を一緒に研究してきた。両社は今後もAI技術関連提携を拡大し、超接続コネクテッド・カーの商用化を早めるために協力する計画だ。カカオの関係者は、「車の音声認識技術は、今後開発されるコネクテッドカーと融合され、活用領域は無限だ」と話した。

同日SKテレコムも、自社のAI音声認識スピーカー「ヌグ(NUGU、誰という意)」が、コンビニCUの勤務ヘルパーとして乗り出すと発表した。SKテレコムは、CUのコンビニを経営するBGFリテールと、「人工知能によるコンビニ流通サービス」を推進する内容の覚書を、同日交わした。これにより、SKテレコムはCUコンビニの店頭でヌグを活用した「AIヘルパー」サービスを開発することにした。2018年上半期(1〜6月)に試験サービスを行い、その後、適用領域を拡大していく計画だ。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
音声認識では、地点情報のデータベース(POIサーバ)と音声認識データベース(音認サーバ)とで、 それぞれ独立したクラウド型のデータベースを活用。 単語だけでなく、対話するような文章での検索が可能になりました。 約1700種類の検索キーワードの組み合わせで、多彩で自然な対話による目的地検索を実現している。クルマという環境で操作性を高める音声操作。カロッツェリアでは1996年に初めてインターフェースとして音声操作を採用。以来長年に渡る様々なテクノロジーの開発への取り組みが、サイバーナビの音声操作には活かされている。

デンソーは4月28日、富士通子会社でカーナビなどを手がける富士通テンの株式を富士通から取得し、連結子会社化すると発表した。車載ECU(電子制御ユニット)やミリ波レーダー、高度運転支援・自動運転技術、電子基盤技術の開発などで協力関係を強化する狙いがある。富士通テン株式の55%を保有する富士通から、41%分を約165億円で取得。デンソーの保有比率は51%になり、連結子会社化する。富士通テンは1972年に富士通のラジオ部門が分離独立。翌年にトヨタ自動車とデンソーが資本参加し、トヨタは35%を保有している。昨年9月、富士通とトヨタ、デンソーの3社は、富士通テンの資本構成を見直し、トヨタグループ傘下にすることで合意していた。富士通テンの2017年3月期は、3836億円の連結売上高に対し、134億円の連結営業利益、46億円の連結最終利益を計上した。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月26日 09:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp