韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ドックの稼動中止に入る韓国造船所、仕事不足の克服に死活をかける

ドックの稼動中止に入る韓国造船所、仕事不足の克服に死活をかける

造船業界が懸念してきた「仕事不足」の影響が現実味を帯びている。グローバル景気低迷で2015年下半期から昨年まで受注が底を打った影響で造船所に仕事が切れてしまったわけだ。 25日、造船業界によると、サムスン重工業巨済(コジェ)造船所の海上フローティングドック(floating dock)1号機である「G1ドック」が今月、稼働中止に入る。ドックは船舶を作って修理するために造船所に設置した「船工場」だ。先月末にもこの会社の陸上ドックのうち最も古くなった乾ドック(陸上ドック)1基が稼働を中止した。これでサムスン重工業は計8基のドックのうち2基を中止した。

船舶は受注契約を取っても構造・線形・配管など分野別設計作業などを経る必要があるため、実際の乾燥作業に入るには最低半年から1年がかかる。受注絶壁はまもなく1~2年後の仕事不足を意味する。 サムスン重工業関係者は「すでに昨年から生存プランを立てて実行に移している」とし「稼働を中止したフローティングドックは売却も検討中」と話した。 仕事空白による影響は他の所も同じだ。現代重工業は計11基のドック〔蔚山(ウルサン)造船所10基、群山(クンサン)造船所1基〕の中で3基のドックを中止した。群山造船所は今月から閉鎖した。




大宇(テウ)造船海洋は昨年、全体7基のドックのうち2基を売却した。業界では今年、追加売却も予想している。企業関係者は「会社がこのように厳しくなったのが結局、無理に受注を多く取り、設備を増やしたのに原因がある」としながら「生産設備の規模を減らしている」と話した。

だが、今年に入って韓国造船業界が少しずつ“受注干ばつ”から抜け出しているのは不幸中の幸いだ。現代重工業グループ内造船3社は上半期に42億ドル(約4700億円)規模の受注を確定することで今年の受注目標額の60%を達成した。サムスン重工業も上半期48億ドル規模を受注してすでに目標値(65億ドル)の74%を満たした。大宇造船海洋の場合、受注額は7億7000万ドル規模と、昨年より速い回復傾向を見せている。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は、受注の改善にもかかわらず、造船業界は今年の下半期から今後1~2年の仕事不足にどのように「耐え忍ぶか」に死活をかけている雰囲気だと報じている。英国造船・海運分析機関クラークソンリサーチによると、世界造船所の数は造船業が超好況だった2009年930から今年3月末を基準に398と60%近く急減した。この中で約30%は年末に仕事が切れるものと見られている。大宇造船海洋の場合、アンゴラ国営石油会社である「ソナンゴル」が発注した移動式掘削船2隻の引き渡しが第1課題だ。当初、引き渡しの時点は昨年6~7月だったが、ソナンゴル社が国際石油価格の下落による経営難を理由に「受け入れられない」と持ちこたえながら掘削船は1年以上玉浦造船所沖に留まっている。という。

好調の兆しと言うのだが、日本造船業はそういう目では見ていない。日本国内も必至な状態だ。ただ中堅造船魚が自国内受注で凌いできたわけだが、今後は厳しいという。世界において過剰となり、同時に中古船業界が活性化し、新たな受注船舶は大型化し、技術力も増す一方で、コストは低下する。特に韓国における為替の影響が一番高い産業であるから、現行受注した船舶は赤字となる。そのうち受注において実は赤字受注であったという記事が出るのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月26日 11:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL