韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  「森友」「加計」で怪しい安倍政権の空気作り、「倒閣」「改憲潰し」狙う野党

「森友」「加計」で怪しい安倍政権の空気作り、「倒閣」「改憲潰し」狙う野党

野党や一部メディアによる「安倍晋三内閣=悪代官」といった印象操作は、倒閣と「改憲潰し」を狙っているようだ。動きは2月の「森友学園」問題から始まり、5月以降の「加計学園」問題で加速、東京都議選で頂点に達した。(夕刊フジ)

今回の印象操作は従来とは異なっている。特定秘密保護法や集団的自衛権の限定行使を可能にした安全保障法制の制定では、「統制社会になる」とか、「戦争を行うための法律だ」などと世論の不安をあおろうとしたが、共感は得られなかった。

今国会で成立したテロ等準備罪を含む組織犯罪処罰法改正案でも、「共謀罪」と呼んで「一般人も対象になる」「花見をしても捕まる」と世間の恐怖心をあおろうとしたが、共感は得られなかった。それを自覚してか、朝日新聞の「共謀罪」批判キャンペーンは控えめだった。




これらの政策批判に比して、「森友・加計学園」問題の追及は、安倍首相や昭恵夫人、側近の意向によって「行政がねじ曲げられた」とするもので、世間の「ズルい」「卑怯(ひきょう)」との感情をかき立てようとした。政府の対応のまずさもあって、それが何か「怪しい」「けしからん」との感情を醸成した。

一部の新聞が連日、このような「空気」をつくる記事を書き立て、テレビのワイドショーが唱和する。野党や一部メディアはこちらの方が政権にダメージを与えるのに効果的と判断したようだった。この中での都議選に自民党が勝てるわけがない。
http://www.sankei.com/

【管理人 補足記事&コメント】
安倍首相の改憲案は特別な内容ではない。「戦力」の不保持を規定した9条2項の抜本的改正ではなく、公明党が従来唱えていた加憲案であり、民進党の前原誠司元外相も昨年9月の代表選で提案している。9条に条文を追加して自衛隊を位置づける案は、枝野幸男元官房長官も提唱している(文芸春秋、13年10月号)。

と言うよりはレベルの低い論議となり、システム上何が問題で、何を修正するのかと言う論議とは程遠い。記憶にある無いの問題でない。まして管理すべき品質記録で論議しない。誰が書いたかわからぬ議事録等などを野党が手に入れる。手に入れたこと自体問題だが、そのことは追及しない。自民党も安倍総理もネタ不足で、なかなか政治が前に進まないのも事実。二重国籍問題を抱えつつ、野党が実施するのは総理潰し。野党が実施すべきことは、「森友」「加計」や総理の友人知人問題ではないだろう。各省庁で決めたシステムを大臣が認識したうえで、よりよいシステムと、無駄な税金投入とならないよう業務を全うするわけだが、大臣としての資質がないのもこれまた事実。

日本の政治家連中のレベルもさることながら、さすがにあきれて言葉を失うのだが、アジアのリーダー国であり、訪日する海外の観光客が増えている日本である。態度対応に言動を含め、企業同様に人事考課を実施し、ある基準以上でなければ幹部や大臣になる資格を与えないようにしないと駄目なのではないか…。その前に政治家における教育訓練システムの確立が先となるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月26日 11:45 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(3)
どちらも弱み
民進党は空中分解の瀬戸際だから、もう場当たり的なネタで
政権攻撃、これしかない。守友・加計で政局作りは無理でしょう。
自民党は、議員の粗製乱造を反省しているだろうか。
大臣やらせて教育効果があるのか、そうは思えない。
こちらの方が問題だ。
[ 2017/07/26 15:41 ] [ 編集 ]
どっちもどっち
 森友、加計問題て官邸が関与したとマスゴミが騒いでるが、結局何か出たわけ?前川のおっさんが妄想して総理の忖度だとか?、総理の奥さんが森友学園の特別顧問だからなにか便宜を図ったとか?大山鳴動してネズミ一匹ですか、もっとする事があるでしょう、民進党、共産党その他党さん。
 自民党も豊田真由子みたいな馬鹿を立候補させた責任を自覚して貰わなくては、それでなくても嗚呼二期生代議士の質の悪さよ、”おごる平家は久しからず”を肝に銘じて”勝って兜の緒を締めよ”を心せよ自民党。
 民主党の政権には決して戻してはならない、二番では駄目ですか?などと吠える馬鹿政党には。
 
[ 2017/07/26 19:32 ] [ 編集 ]
メディアの多くが戦前と同じ行動で怖い
戦前、大衆を煽って、乗り気でない政府を倒し、戦争に突入させたのが、多くのメディアの仕業でした。
今も、多くのメディアは、自分達が勝ち誇るために、何でもありです。
多くのメディアは、日本という国のことを考えるより、自分達の言い分を通すのに懸命のようです。
スパイとか工作員とか、疑いたくなります。
いい加減な記事でも、ペンは剣よりも強し?で、本当に怖いです。
[ 2017/07/27 08:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL