韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  高品質なものづくり、日本人にできて中国人にできないワケ

高品質なものづくり、日本人にできて中国人にできないワケ

中国では日本製品は品質が良いことから非常に人気がある。中国にもそれなりに良い物は存在するが、安い製品は始めこそ良いが、すぐに使い物にならなくなってしまう物が多い。中国メディアの今日頭条は22日、日本製品は質が良くて、長く使えると指摘しつつ、「なぜ中国人には日本製品と同等の品質を持つ製品を作り出せないのか」という記事を掲載し、中国人に足りないのは「日本人が持つ匠の精神」であると論じた。
 
記事はまず、「匠とは一般的に、非常に優れた技術を持つ職人のことで、仕事に真剣に取り組む人のことを指す」とする一方、「機械化が進んで大量生産がなされる時代にある今、中国では匠の精神は徐々に失われつつある」と論じた。続けて、「中国人の多くは職人に偏見を抱いているが、日本では、匠と呼ばれることは非常に光栄なことなのだ」と紹介した。
 



続けて、2012年時点の統計として、社歴が200年以上に達する歴史のある企業は日本が世界最多で3146社もあったと紹介。次いでドイツには837社、オランダに222社、フランスに196社あったとし、企業が長年にわたって生き残ることができるのは、自社の製品やサービスの質を徹底的に極めようとする「匠の精神」があるからに他ならないと指摘した。一方、中国には1538年もの長い歴史を持つ企業が存在するが、200年以上の歴史を持つ企業はたった片手で数えるほどしかないことを伝えた。
 
さらに記事は、中国の中小企業の平均寿命は2.5年、グループ会社と呼ばれるもう大きい企業でも7-8年にとどまり、欧米や日本と比べたら非常に短いことを紹介し、中国では「匠の技術が育つ前に企業がなくなってしまい、結果として技術力の向上や品質の向上につながらない」という一面があることを伝えている。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
中国人を指導すると、仕事はまじめに覚える。ただ協力性はない。合間合間に私のところにきては名刺をねだる。通訳の台湾商社マンの説明では、いずれ社長を夢見ているのが中国人だそうで、他人の事より自分の事なのだそうだ。指導とマニュアルが正確ならば、彼らは自分の技術を会得するのは上手に感じる。企業経営となると中国政府との関係は重要となる。また本職と別に副業世界の国であるから難しい側面を持つ。

2012年時点の統計として、社歴が200年以上に達する歴史のある企業は日本が世界最多で3146社もあったというのも日本と言う地理的な問題もある。記事では、中国で匠の精神が見られないのは、国の制度の問題もあるかもしれないが、次から次へと気移りしやすい中国人には1つのことに取り組み続けるというのはなかなか難しい課題なのかもしれなと締めくくっているが、韓国人も同じ職場に長年いると、偏見の目で見るという側面がある。中国も韓国も教育する努力と言う面で大きく劣る。従ってノウハウや新技術が育たないわけで、結果をすぐに求めるほどに無理が生じる。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月26日 12:22 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(2)
ニセモノ天国の国では何十年も掛けて良い物を造らない。
優れた製品を造りあげるには何十年も改良に改良を重ねて品質を磨き上げなければ成らない。
ところが中国や韓国に行くと見渡す限りのニセモノだらけ。
他人が長い時間を掛けて築き上げた名声を労せずパクろうとする者に良い物を造れる訳が無い。
[ 2017/07/26 13:33 ] [ 編集 ]
都市伝説
「日本人が持つ匠の精神」という都市伝説にだまされている。
品質の良し悪しは加工のワザだけではないだろう。
材料・加工・試験・検査の基準、それらを数値化して
管理する管理技術で品質が決まる。
もちろん、基準を守ることが大前提になります。
分かっていることを、実行するかしないかの違いになる。

中国メーカーも分かっているはず。用途、顧客ごとに要求品質が
いろいろなら、作りこむ品質とコストのバランスをとればいい。
老舗企業が少ないのは、「売り逃げ」でトンズラする業者が多いためでしょう。
[ 2017/07/26 15:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL