韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  THAAD衝撃で起亜自動車の営業利益、前年同期より47.6%減少

THAAD衝撃で起亜自動車の営業利益、前年同期より47.6%減少

起亜自動車の第2四半期の営業利益と当期純利益が前年同期に比べて半分に減った。高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備に反発する中国の経済報復が続いた結果と解釈される。

起亜自動車は27日午前、ソウル良才洞(ヤンジェドン)本社で開いた今年上半期の経営実績発表で、今年の第2四半期に売上高13兆5784億ウォン(約1兆3560億円)、営業利益4040億ウォン(約403億4400万円)、当期純利益3896億ウォン(約389億円)を記録したと発表した。昨年同期間に比べ、営業利益と当期純利益はそれぞれ47.6%、52.8%減少した。営業利益率は前年に比べて2.3%ポイント減少した3.0%となった。当期純利益率も2.9%で、前年同期(5.7%)の記録から半分に減った。

起亜自動車の経営実績・収益性の悪化は世界市場での販売が減少した結果だ。起亜自動車は、今年上半期、世界市場で前年に比べて7.6%減少した135万6157台を販売した。





世界市場での販売減少は、中国市場での販売不振が最も大きな要因になった結果と見られている。起亜自動車側は「今年下半期にも中国のTHAAD事態による影響など、厳しい経営環境が続くものと予想される」とし、「新興市場への攻略強化、新車効果の極大化、レジャー用車両(RV)車種の比重の拡大などを通じて、収益性の防御に最善の努力を傾ける計画だ」と話した。

前日、現代自動車は、今年上半期の当期純利益が9136億ウォン(約912億円)を記録したと発表した。前年同期に比べて48.2%減少した実績だ。現代自動車の当期純利益が1兆ウォンを下回ったのは、2010年国際会計基準(IFRS)導入以来初めてであり、波紋が広がっている。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
主要国の販売台数が不振に陥っており、値引き合戦で販売台数を維持や落ち込みを抑えている。同社はこうした販売奨励金のほか、売上高が回復しなければ、昨年9月オープンさせたメキシコ工場(生産キャパ40万台)の償却負担が重荷になってくる。欧米日の通常車の価格を10とするならば、韓国製は8というコストパフォーマンスがある。しかし、欧米日が販売奨励金を増加させれば、韓国製のコスパがなくなり、同社も販売奨励金を増加させる必要に迫られ、以前の8が7で販売されることになる。中国でも同じだが、中国勢が5~6で販売しており、中国勢の車両性能もよくなり、韓国製と中国勢とのコスパは消えつつある。

またクレーム発生も重なり、品質低下が現代自と共に気になる部分と言える。上位企業に離されるほどに苦しい経営となる。中国のTHAAD事態による影響と言うよりは、原因は別要因がのほうが大きいだろう。良く分析して対応しない限り、中国政府が韓国車不買運動を本格化させれば、逃げ道はない。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月28日 09:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp