韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  消費が回復すると生産が停滞…韓国の全体産業、生産3カ月連続で減少

消費が回復すると生産が停滞…韓国の全体産業、生産3カ月連続で減少

韓国の全体産業生産が3カ月連続で減少した。だが、消費と投資は活況を呈していて景気回復に対する期待を引き続き維持している。

統計庁が発表した「6月産業活動動向」によると、先月の全体産業生産は前月比0.1%減少した。全体産業生産は昨年11月から3カ月間連続で上昇して、騰落を繰り返した後、4月から3カ月連続減少している。製造業と建設業の不振が主な原因だった。

鉱工業生産は0.2%減少した。金属加工(3.7%)、機械装備(2.2%)等では増加したが、石油精製(-7.4%)、半導体(-3.9%)等の生産が減って全体生産の減少に影響を与えた。製造業在庫は前月対比3.8%減少し、製造業平均稼動率は前月より0.3%ポイント下落した71.3%を記録した。建設業も建設既成が2.4%減少するなど不信を免れないでいる。




一方、消費(小売り販売)は好調だ。前月比1.1%増加し、第2四半期全体でも1.2%増加して消費回復の兆しが顕著だ。6月の場合、家電製品など耐久財(-0.9%)の販売は減ったが、化粧品など非耐久財(1.7%)や衣服など準耐久財(2.4%)の販売が増えて比較的高い増加率を記録した。 投資も大幅に増加した。設備投資は特殊産業用機械など機械類(4.0%)および自動車など運送装備(8.8%)の投資が軒並み増えて前月に比べて5.3%伸びた。5月に続き2カ月連続の増加だ。

現在の景気状況を示す景気動向指数の循環変動値は輸入額、サービス業生産指数などで高まっているが、建設既成額、鉱工業生産指数などで前月比0.2ポイント下落した。逆に、今後の景気見通しを示す景気先行指数の循環変動値は求人・求職比率、在庫循環指標などで下がったが、消費者期待指数、KOSPI(韓国総合株価)指数などで高まり、前月比0.3ポイント上昇した。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
統計庁は、経済総調査で従業員規模を▽1~4人▽5~9人▽10~49人▽50~99人▽100~299人▽300人以上に分け、売上高と営業利益を算出。300人以上の事業体が年間売上高1311兆7690億ウォンを上げ、全体の30・3%を占め、続いて10~49人の事業体が年間売上高1103兆220億ウォン(25・5%)で2位で、中小企業群が全産業の売上高に寄与していることを示している。従って300人以上の事業体と、10~49人の事業体で全産業売り上げの55%レベルとなる。

サムスンで年間300兆ウォンの売り上げであるから、全産業で4300兆ウォン規模であれば、7%近くをサムスンが占める。2011年の韓国10大財閥の売り上げ高が約950兆ウォンであるから、22%を担うことになる。統計庁は、個人事業や法人など組織形態別の分析も行っている。売上高に関しては、会社法人が3335兆8656億ウォンで全体の77・0%を占める。だが営業利益率は、個人事業(20・3%)が最も高い。統計庁は、個人事業の大部分は従事者数4人以下の小規模自営業体であるため、高い営業利益率を上げたと説明している。問題はこの個人事業が現状悪いわけで、家計負債も関連する。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月28日 17:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL