韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中韓関係の悪化で韓国製品は・・・「悲惨な状況に」

中韓関係の悪化で韓国製品は・・・「悲惨な状況に」

中国で暮らしていると政治的な摩擦の影響を肌で感じることがある。最近では高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備をめぐって中韓関係がこじれているゆえに、中国では韓国メーカーの製品を購入することに敏感になっている消費者が多く見られる。
 
THAAD問題が発生する前、中韓関係は蜜月と形容されるほど良好だったのは事実で、韓国は経済においても中国依存を強めていた。だが、THAAD配備をめぐる問題は今も韓国製品の売り上げに大きな影響を及ぼしている。中国メディアの今日頭条はこのほど、「韓国製品は中国で排斥の対象となり、極めて悲惨な状況にある」と伝える記事を掲載し、中国市場において韓国製品のシェアが低下していることを伝えた。
 
記事は、韓国にとって中国は最大の輸出相手国であり、自動車や電子機器、さらには文化コンテンツの輸出でこれまで多額の利益を得てきたと伝える一方、「最近の中韓関係の悪化により、中国における韓国製品の消費が非常に低迷している」ことを指摘した。
 



記事は、「サムスンの携帯電話を例に挙げ、2012年にサムスンの携帯電話は中国市場で17.7%のシェアを獲得していた」とし、当時は米アップルよりも中国人に支持されていたとする一方、2017年上半期のシェアは3.1%まで落ち込んだと紹介。さらに、現在、中国で人気のある携帯電話メーカー上位10社のうち、8社が中国のメーカーであり、中国メーカーがシェア全体の9割ほどを占めるまでになったことを紹介。
 
サムスンのシェア低下はTHAAD問題が直接の原因ではないものの、世界最大の携帯・スマホ市場である中国において韓国製品の不買運動が起きていることはサムスンにとって非常に大きな災難であるとした。これに対して中国のネットユーザーからは、「自分が今使用しているのは、国産のファーウェイでまったく問題ない」、「国産の携帯電話は使い勝手が良いうえに安い」といった国産の携帯電話を使用している声が多数寄せられていた。不買運動が起きているうえに中国製品の質が向上してきている現在、韓国メーカーが中国でシェアを獲得するのは非常に難しい時代になってきているようだ。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
2016年の世界スマ―トフォン出荷台数は13億6000万台、成長率が4.7%だと、台湾の市場調査会社「集邦諮詢(TrendForce)」が発表した。市場シェアでは、韓国サムソン電子が22.8%で依然世界一だったが、「Galaxy Note7」の発火事故の影響を受けて、2015年と比べて約2ポイントのシェアを失った。二位は米アップル社、市場シェアは15.3%だった。三位から五位は、中国のファーウェイ、OPPO 、vivoである。六位は韓国LG電子。七位~十位も中国のメーカーが占めた。

一方、中国勢の存在感は増している。サムソンとアップルが市場シェアを下げたのに対して、三位のファーウェイは1.3ポイント、四位のOPPOと五位のvivoは、それぞれ3.4ポイントと2.4ポイント、シェアを向上させた。 IHS Technologyの王陽マネジャーが中国語SNS「微博」で公開した2016年中国携帯メーカーの出荷台数によると、ファーウェイが1億3900万台を出荷し、二年連続の1億台超だった。2015年の1億800万台に対して28.7%も増加した。また、OPPOが9500万台を出荷し、そのうち、R9機種が驚異的な2000万台を記録した。上位十位の中国メーカーの出荷台数の合計は5億8400万台になる。これは、集邦諮詢が調べた、サムソンとアップルの世界市場の合計出荷台数である5億1900万台を上回る。

中国メーカーが出荷台数を増やせたのは、安価なローエンド機種を大量生産しただけではない。機能や品質、機能などが、上位メーカーと遜色のないレベルに迫ってきたことが大きい。一方で、サムスンの半導体好調の裏には自社低価格スマホに使用している半導体があるわけで、低価格スマホは投げ売り状態で利益は出ない。その製品に搭載される半導体を計上すれば、4割以上の利益率と言うが…、現実は厳しいのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月28日 17:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(3)
中国にとって韓国製品は、もはや必要なし
THAADのせいで中国において韓国製品が売れなくなってると思っているだろうが、中国にとって韓国製品は、もはや必要なし。
こんな事も解からない様では、中国に裏切られたと恨みながら滅びて行くしかない。
そもそも中国で韓国製品が受け入れられたのは、中国が反日の手段として韓国を仲間に引き入れる為だった。
もう韓国は利用価値も存在価値も無い、THHADをきっかけに追い出す口実に丁度良い。
これが中国の本音では無いのか?
[ 2017/07/29 02:30 ] [ 編集 ]
市場開拓
東アジアの情勢からして、中韓貿易が伸びる理由はない。
中国は国産同等品があれば海外品を排除したい。
一番の標的は韓国品。THAADは中国にとって
都合のいい理由づけに見えます。

・中国 内需振興政策
・中国 人民元防衛
・中国 景気減速
・中韓FTA効果無し
・日中韓FTA交渉停滞
・米国TPP離脱~貿易赤字問題

中韓FTAは売り買い可能な品目をはっきりさせた。
韓国の中国ビジネスは「短期・売り逃げ」でよしとして、
今は仕込みの調整をやって、別の売り先を開拓中でしょう。
[ 2017/07/29 11:29 ] [ 編集 ]
中韓貿易の80%は中間材です。
 表面的には、韓国製の自動車、スマホ、化粧品は、売り上げ激減しております。
しかし、中国工場が必要な中間材はそれほど減っていません。

THAAD配備をめぐる問題は消費財の話です。

 中国企業において、消費財は今では韓国と同等なものができるので、韓国製は特にいらないでしょう。
[ 2017/07/30 21:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL