韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  安倍首相「北ミサイル挑発、国際圧力をさらに強化していくしかない」

安倍首相「北ミサイル挑発、国際圧力をさらに強化していくしかない」

安倍晋三首相が29日、北朝鮮のミサイル発射に対して「厳重に抗議し、最も強い表現で非難した」と述べた。 これに先立ち、合同参謀本部は「北朝鮮が28日午後11時41分ごろ、慈江道舞坪里(チャガンド・ムピョンニ)一帯から東海(トンへ、日本名・日本海)上に不詳のミサイル一発を発射した」と明らかにした。

NHKによると、安倍首相はこの日午前、首相官邸で「北朝鮮がこのような挑発行動を続けるかぎり、米国や韓国をはじめ、中国、ロシアなど国際社会と緊密に連携し、さらに圧力を強化していくほかない」と明らかにした。 安倍首相は「強固な日米同盟のもと、高度な警戒体制を維持し、国民の安全確保に万全を期していく」と付け加えた。
http://japanese.joins.com/




【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、韓国軍の合同参謀本部(合参)は「北朝鮮が28日午後11時41分ごろ、正体不明のミサイル1発を慈江道舞坪里一帯から東海に向けて発射した。飛行距離などについては評価を行っているところ」と報じている。合参は、具体的な状況は明らかにしなかったが、今月4日に初めて発射された「火星14」ICBM級のミサイル(最大射程7000-8000キロ)など、少なくともIRBM級以上の射程を持つミサイルの可能性が高いという。北朝鮮が、中国国境に近い慈江道からミサイルを発射するのは初めて。中国との国境付近からミサイルを発射したのは、有事の際に韓米両軍が北朝鮮のミサイルランチャーを攻撃し難いという点を意識したためとみられる。また、北朝鮮が夜中にミサイルを発射したのも異例だ。

文在寅大統領は29日午前1時、国家安全保障会議(NSC)全体会議を緊急招集した。青瓦台(チョンワデ、大統領府)高位関係者は「大統領がミサイル発射事実の報告を受けてすぐに、自ら主宰するNSC全体会議招集を指示した」とし「それだけ今回の状況を重く見ているという意味」と述べた。 日本の菅義偉官房長官は発射直後に記者会見を開き、「昨日(28日)午後11時42分、北朝鮮中部より弾道ミサイルが発射され、45分程度飛翔し、日本海のわが国の排他的経済水域内(EEZ)に落下したとみられる」と伝えた。

北朝鮮では、スカッドBは火星5、スカッドCは火星6、ノドンは火星7、ムスダンは火星10、2017年5月に発射した中距離弾道ミサイルは火星12と呼ばれている。前回発射された弾道ミサイルの名称は「火星14号」で、水平方向に933km、最大到達高度は2802km、飛行時間39分とされている。これは通常軌道で発射した場合には射程5500kmを大きく超える性能で、INF条約に従えば大陸間弾道ミサイルに分類されるものとなる。今回はさらに高度を増している。日本を確実に狙える技術となり、何とも厄介な国が弾道ミサイルを持ったものである。日本は北朝鮮の弾道ミサイルを撃ち落とせるのか…。今後、日米の動きが加速しそうだ…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月29日 09:27 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL