韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  スポーツ >  資金も熱気もない平昌五輪とは裏腹に盛り上がる東京五輪

資金も熱気もない平昌五輪とは裏腹に盛り上がる東京五輪

冬季スポーツの世界的祭典である冬季五輪がちょうど200日後に韓国江原道平昌郡で開催される。そして3年後の2020年7月24日には東京で夏季五輪が開幕する。この2つの大会のムードは冬と夏の違いくらい大きく異なっている。あと7カ月も残っていない平昌五輪はまだ寒々とした雰囲気の中で「関心を持ってほしい」と呼び掛けているようなありさまだが、それに対してあと3年も残っている東京はすでに熱気であふれている。

冷え切っている平昌の五輪ムードは興行不振に直結している。平昌冬季五輪組織委員会によると、第1次販売期間(今年2月-6月)に売れた五輪チケットは総販売目標枚数(107万枚)の21%(22万9000枚)にとどまっているという。このうち、国内販売分は目標枚数(75万枚)の6.9%(5万2000枚)だ。組織委員会関係者は「予想よりもチケットが売れず、懸念しているのは事実だ」と言った。五輪の主な開催地となる平昌地域の住民の間では「冬季五輪と夏季五輪では規模が違うが、1988年のソウル五輪の時とは全く違う」という声が上がっている。自治体が実施する環境改善事業への住民参加が予想より振るわないのも、こうした理由のためだと言われている。





一方、3年後に五輪を開催する日本ではすでにあちこちに熱気が広がっている。政府と企業は「五輪を通じて日本の技術を世界に知らしめる」として、さまざまなアイデアを出している。その代表例には、国土交通省は昨年、マラソン・競歩・自転車のコースを特殊舗装して路面温度を4.8℃下げる実験に成功したことなどがある。民間投資も活発に行われている。例えば、六本木ヒルズなどを開発して有名になった森ビルが4000億円をかけて東京・虎ノ門一帯を再開発している事業などだ。このように、東京五輪による経済効果は合計32兆3000億円に達し、雇用も194万人増加するという見方もある。こうしたムードを反映するかのように、東京五輪組織委員会は2015年1月に目標を立てた後援金約1兆5000億ウォン(約1500億円)を3カ月で達成した。昨年末の時点で4兆ウォン(約4000億円)を上回ったとのことだ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、まだ目標に500億ウォン(約50億円)足りない。資金不足なのは組織委員会だけではないとし、江原道は先日、国会補正予算案として約560億ウォン(約56億円)を新たに確保したが、これは要求していた事業費の約80%だと伝えている。このような状況では国民の関心も低い。今年6月の文化体育観光部(省に相当)の発表によると、国民の973人のうち、「平昌五輪を直接観戦したい」と答えた人は8.9%だった。「平昌五輪に関心がある」という回答も40.3%にとどまった。

自国メディアが冷え切った報道をしている様では困るが、現実無理ならば中止とするべきだろう。大会成功に向けた意志さえあれば、できないことはないという声もあるというが、そもそも記事にあるように冷え切っているわけで、観光客は減少し、冬季オリンピックは資金不足で、経済も低迷中であるから、資金援助と言っても無理がある。

挙句に、江陵のスピードスケート競技場を、五輪終了後に冷凍物流倉庫として使いたいという。江陵は韓国東岸の都市、日本海で揚がる水産物の保管には立地も適当とみたようだが、同競技場は総額1264億ウォン(約126億円)を投じ五輪のために建設されたものだ。「あきれた提案」としながらも、この一件は「事後の活用案がない五輪競技場の現実を克明に見せている」と指摘している。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月30日 09:07 ] カテゴリ:スポーツ | TB(0) | CM(1)
韓国流 トンズラ
平昌五輪を誘致した李明博から後続の政権に開催意志が継承されていない。
これは典型的な韓国流トンズラ。

3月に会場視察に来たIOC会長が、
「平昌には五輪成功のための「すべての材料」がそろっている」と。
彼の本音は、
所詮は「興行」だから成り行きでやればいい。形だけ競技ができればいい。

2011年7月 IOC総会で2018年の冬季五輪開催地を平昌に決定
平昌五輪は李明博と李健熙(誘致運動のため特別赦免)が運動して誘致した。

政財界からは李明博の蓄財活動と映るから、国を挙げて支援などありえない。

2012年1月韓国政府が仁川空港 - 平昌間のKTX路線建設をキャンセル、という現実。
[ 2017/07/30 12:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp