韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文在寅大統領、北ICBM発射でも予定通りに1週間夏休み

文在寅大統領、北ICBM発射でも予定通りに1週間夏休み

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、7日間の日程で夏休みに入った。もともと29日に出発する予定だったが、28日夜の北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射で一日遅らせたものだ。野党など一部からは「北朝鮮がICBMを発射したのに夏休みを取るのか」という批判も出た。しかし、大統領府関係者は「大統領が予定通り夏休みを取らなければ、国民がいっそう不安がる。北朝鮮のミサイル発射兆候に関する事実は2日前の26日に把握していた」と述べた。

文大統領は同日午前、金正淑(キム・ジョンスク)夫人と一緒に専用ヘリコプターに乗って夏休みで江原道平昌に向かった。朱英訓(チュ・ヨンフン)大統領警護室長や宋仁培(ソン・インベ)第1付属秘書官らが同行したという。文大統領は平昌冬季五輪のスキージャンプ台などを見て回り、関係者を激励した後、アルペンシア・リゾートで1泊した。尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は「文大統領は平昌冬季五輪が国内外で多くの関心を持たれるようにと平昌を夏休みの訪問地に選んだ」とした。同秘書官はその上で、「文大統領は、北朝鮮の慈江道舞坪里で発射が行われるとの報告を26日に受けていた。ミサイル発射後に行われた韓米間の一連の対応措置は、ミサイル発射の事実を知らなかったとしたら準備不可能な内容だった」と語った。




大統領府の説明通りなら、北朝鮮がミサイルを発射するということを認識していながら、27日に文大統領の夏休みの予定を担当記者たちに事前記者会見し、28日には終末高高度防衛ミサイル(THAAD)用地すべてに対して一般環境影響評価を実施すると決めたことになる。大統領府は北朝鮮のICBM発射を「予想」していたが、国防部はその16時間前にTHAAD砲台の年内配備を不可能にする発表をしていたというのだ。また、合同参謀本部は27日、「北朝鮮のミサイル発射が迫っているという兆候はない」という記者会見もしていた。このため、二日前に北朝鮮のミサイル発射兆候を把握していたという大統領府の説明はつじつまが合わないとの指摘もある。大統領府は、北朝鮮がミサイルを発射したのを受け、29日に「文大統領の夏休みは保留になった」と一時発表した。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮日報は、文大統領と大統領府のこうした説明に対して、国会情報委員長を務める保守系最大野党「自由韓国党」のイ・チョルウ最高委員は本紙の電話取材に「北朝鮮がICBM発射に成功したと見なさなけらばならない状況で大統領が夏休みを取るのは、やや安易な行動だと思われる」と言ったと報じている。国会情報委員長の言葉にしても文大統領にしても、すぐ隣で弾道ミサイルが発射されても、他人事である。南朝鮮人の特徴ともいえる自己都合な行動には開いた口が塞がらないが…。

金大中元大統領はアジア通貨危機が発生した1998年に就任して1年目の夏休みを取っていない。盧武鉉元大統領も2007年に韓国人がアフガニスタンで拉致された事件が発生したため、夏休みを取り消している。李明博元大統領は2011年、日本による独島(日本名:竹島)領有権主張問題や中部地方の豪雨対応で夏休みを延期した。朴槿恵前大統領も2014年のセウォル号沈没事故や15年の中東呼吸器症候群(MERS)問題で夏休み期間中、官邸にとどまっていた。文大統領は北朝鮮が弾道ミサイルを発射しても夏休みを有意義にとっている。それでも支持率は上昇した。何とも不思議な国である~。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月31日 11:09 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL