韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本には先進的なバッテリー技術があるのに・・・電気自動車では存在感なし

日本には先進的なバッテリー技術があるのに・・・電気自動車では存在感なし

日本は世界有数の自動車大国であり、世界をリードする自動車メーカーや部品メーカーが存在する。市場ではガソリン車のほか、ハイブリッド車をよく見かけるようになったが、電気自動車(EV)を見かける機会は多くない。中国メディアの環球網はこのほど、日本にはバッテリーについて世界有数の技術があるのに、なぜEVの分野では遅れをとっているのかと疑問を投げかける記事を掲載し、「日本でEVが普及しない理由」について考察している。
 
米国にはEVメーカーとしてテスラ・モーターズがあるほか、中国にもEVやハイブリッドカーを手がける比亜迪(BYD)汽車がある。記事は「日本は車載バッテリーをはじめ、電池に関する多くの先端技術を持っている」としながらも、EVの生産や販売台数を見ると「EVの世界では世界的に見て遅れている」と主張。この先も日本でEVが発展する見込みは大きくないとし、「これはなかなか理解できない点」と主張した。 さらに、テスラ・モーターズにバッテリーを供給しているパナソニックはEV市場において「バッテリーのサプライヤーとして確固たる地位を築いたと言える」と指摘。




また、パナソニックのほかにも、日本はリチウムイオン電池のセパレータや電解液などで世界をリードする立場にあると指摘し、自動車産業における世界的な地位も考慮すれば日本は世界でも有数のEV生産および販売国になっていても不思議ではないことを伝えた。
 
続けて、日本が世界のEV市場で大きな存在感を示すことができていない背景について、記事は「日本の自動車業界がEV市場についての判断を誤り、燃料電池車(FCV)についての研究を進めたため」だと主張。今後はFCVよりEV市場の方が有望であるとの見方を示し、日本がEV市場で「失った時間を取り戻すのは非常にたいへんなことだ」とした。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
ここにきて世界的な規模でPHVが増えている。PHVとは『プラグ・イン・ハイブリッド』の略で、短い距離なら電気だけ使って走れ、それ以上走るなら普通のハイブリッド車と同じくガソリンを使うという乗り物。日本勢はもちろん、BMWもベンツもVWもGMも、続々とPHVを出し始めた。なぜ世界的規模でPHVなのだろうか…。PHVであれば欧州のように二酸化他炭素規制が行われる地域だと燃費を伸ばせ、電池を多く積むことによりアメリカのZEV法もクリア出来る。今の日本の現状で充電時間で長時間待たせるようでは乗る人は限られるだろう。充電設備のインフラ以前に、待ち時間が問題となる。

インフラより先に車を開発するわけで、インフラが後と言うのは自動車会社も様子見となる技術であるから難しい。結局はPHV技術にたどり着き、さらに革新的になる事のほうが、実現は早いだろう。またCO2を考慮しても製造から考慮すると、決して良いわけではない。完成した車ならばと言う但し書きが付く。世界の自動車産業は、今だ手探り状態ではあるが、まだまだ電気自動車と言う側面ではハードルは高いのではないか…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月31日 18:46 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
補助金次第
日本メーカではニッサンにリーフがありますが、
あまり売れてないですね。トヨタはプリウスのPHVが
あるがこれも売れてない。
作るのは HVよりEVの方がやさしいから、いつでも
出せる。様子見でしょう。

中国は大気汚染の国。
去年までは、草木もなびく中国EVだったが、今年になって
中国のEV販売は台数激減らしい。これは新エネルギー車補助金が
減額されたから。
EVの世界ランキングは
1位 テスラ 7.8万台
2位 ニッサン 5.1万台
3位 GM 2.8万台
[ 2017/07/31 21:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL