韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北の核の脅威、米国は韓日を守ってくれないかもしれない

北の核の脅威、米国は韓日を守ってくれないかもしれない

米国は北朝鮮が今回発射した「火星14号」ミサイルを「ゲームチェンジャー」とみている。これまでとは全く異なる状況へと一変させてしまったという意味だ。文在寅(ムン・ジェイン)大統領も同様の見方を持っており、日本も同調している。射程距離が延びたミサイルがなぜ北朝鮮をめぐる「ゲーム」を根底から変えるのか。専門家は「北朝鮮が韓国と日本に核ミサイルを撃っても、米国が『核の傘』を提供するという保証がなくなったためだ」と指摘する。これは韓米同盟、米日同盟の基本を揺るがすもので、北東アジアの安全保障地図の変化につながる。

同時に米国が交渉であれ、武力行使であれ、これ以上問題を先送りせずに行動せざるを得ない情勢になった点もこれまでとは異なる。韓国国防部(省に相当)の宋永武(ソン・ヨンム)長官は31日、国会国防委員会で「北朝鮮との(戦争が起きれば)勝敗は既に付いているのではないかと思う」と述べた。しかし、それは米国の大規模は兵力増派が直ちに伴うことを前提とした計算だ。北朝鮮が米本土を攻撃可能なICBMを開発したことで、これまでの枠組みは通用しなくなる。これまでの韓米、米日同盟のシステムは北朝鮮が韓国や日本を攻撃した場合、米国が共に戦うことを前提として維持されてきた。




いわゆる「核の傘」「恐怖のバランス」戦略もそうした関係に基づいている。しかし、北朝鮮がICBMを持てば事情が違ってくる。例えば、北朝鮮が韓国の西海5島に奇襲攻撃をかけて占領した後、韓国と米国に核攻撃を行うと脅せば、米国は反撃ではなく、現状維持を選択する可能性がこれまでよりも高まる。米本土が核攻撃を受ける危険を顧みずに韓国を助けてくれるのかという問題だ。
http://www.chosunonline.com/

【管理人 補足記事&コメント】
朝鮮戦争において、アメリカ軍が北朝鮮軍を押し上げ、関連国と協議の上で軍事境界線をひいた後、南朝鮮に米軍基地を配置した。北朝鮮からの攻撃に対抗するためとなる。だが長きにわたり、同じ状況下ではない。弾道ミサイル発射となれば、韓国狙いではなく、アメリカ本土を狙うわけで、アメリカの対応も当然変わるのは当たり前となる。朝鮮日報は、今後は『米本土の安全保障のために北朝鮮をどう扱うか』という問題へと変わる」と報じているが、当然そうなるだろう。

ただ一方で朝鮮半島主権と言う意味では、南朝鮮か北朝鮮なのかは、ロシアとアメリカとの戦いにすり替わる。軍事・外交の専門家は「米国はこれまで韓国や日本と相談の上、時間をかけて北朝鮮の核問題を解決してきたが、これからは交渉であれ軍事的な解決であれ、米国独自に速やかに動くのではないか」と予測すると伝えているが、日米同盟となると情報を密に行動するだろう。日本とて危険にさらされるわけで、アメリカの勝手で行動することは無い。朝鮮日報は、北朝鮮と米国が平和協定を結べば、在韓米軍の撤退が伴うため、その点は韓国が最も懸念すべき部分だ」とつたえているが、結局そこが韓国が恐れている事で、北朝鮮と何も進まなかった理由でもある。

今日まで在韓米軍に頼ってきた南朝鮮である。
頼りすぎて何もしなかったツケは大きいという事だ。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月01日 10:21 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL