韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  半導体の超好況の中で「生産が減った」という韓国統計庁

半導体の超好況の中で「生産が減った」という韓国統計庁

「生産が減るには設備が減るか、以前には稼動していた工場が今は休んでいなければならないのではないですか。注文が数カ月間滞って忙しく工場を稼動しているのに生産が減る可能性があるのでしょうか」。 「4月の統計もおかしかったですが、これはもっとおかしいですね。当社の実績が分からないはずがないのに、なぜこのような統計が出たでしょう」

私だけがおかしいと感じているわけではなかった。企業らも驚いたという。統計庁の6月産業活動動向のことだ。7月28日に発表されたこの統計は6月の半導体生産が前月より3.9%、昨年同月より12.4%減ったと発表した。ちょうどSKハイニックスが四半期の営業利益3兆ウォン(約2649億円)を史上初めて突破し、サムスン電子の半導体部門が4-6月期に8兆3000億ウォンの営業利益を上げたという実績が発表された、まさにその時点だった。




業界は超好況だが、生産が減ったという産業統計。なぜこのような結果が出たのだろうか。記者は取材に入る前に直感した。「今回もやはりすっきりとした回答は得られないだろう」と。4月の産業活動動向を取材した時も同様だった。<中央日報6月2日付韓国語版>の「統計庁は知らんぷりする」という記事だった。

「会社が提出した生産金額に韓国銀行の生産者物価を反映して実質生産の増減幅を計算する。我々は手続きを充実に履行した」と一貫した。それでは、半導体価格の調査が間違っているのだろうか。韓銀も口をかたく閉じている。「どの製品価格をどのような割合で調査したのか、具体的に明らかにすることはできない。会社別に営業機密が流出する可能性がある」ということだ。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
生産減少と言うのは十分あり得るだろうと思いますね~。そもそも半導体部品は過剰生産であり、在庫の山と言われてます。大量受注でコスト低減しているわけで、常に先見込み受注であるから、確定ではないために、在庫の山となる。稼働を止めるわけには行かないので、自社製品へ搭載したりと苦労する企業側。営業利益は在庫を売ったことで計上すれば、大きな利益となるし、単なる在庫で受注確定で無ければ、利益は大きく減少する。統計庁は数量ならべで単純である。現状サムスンなどは数兆円もの半導体在庫の山と噂されているが…。

むしろこういう部分に切り込んでほしいですね~。先受注でも短期販売受注ではなく、単なる見込み受注であるから、確定した時点で数量が少なければ、在庫となり、次の受注に回すわけで、しっかり循環すればさほど問題にはならないが、普通は相手企業の製品状況であるから、売れて仕方がないという状況ではない中での受注となるわけで、特には中国との取引となると、計画はあるようで無いのでは…。一方で、相手の中国企業も在庫を抱えている実態がある…。韓国企業は実は無理な生産で利益を計上しているのではないかと言う不安が付きまとうが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月01日 18:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
在庫増減
生産額=製品出荷金額+在庫増減
式どおりじゃないですか。先を見て、新規投入を
控えているのでしょう。メモリは部品だから売った
先の工場の在庫で溜まっているかもしれないし。
仕込みを間違えると怖いですよ。
[ 2017/08/01 21:29 ] [ 編集 ]
サムスンねぇ、ハイニックスねぇ
あまり詳しいことは言えませんが、知っている人はサムスン、ハイニックスの現状がどういう状態かわかります。ただ、それを言うとねぇ。。。ためしに、貿易統計とか産業統計とか調べればわかります。それも日本のをね。なぜなら装置は日本製なので!
[ 2017/08/01 21:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL