韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンのイ・ゴンヒ会長、健康状態は良好

サムスンのイ・ゴンヒ会長、健康状態は良好

3年前に倒れたサムスン電子のイ・ゴンヒ会長の健康が良好であると知らされた。イ会長は2014年4月、心筋梗塞で倒れ、3年余りにわたり病院で治療を受けている。1日、サムスングループの事情に精通した核心関係者は「イ・ゴンヒ会長の健康状態は、コミュニケーションが難しいことを除けばとても良好だ。元気な状態だ」と明らかにした。また「ベッドに横たわっているだけでなく、看病人の助けを得て車椅子に座り、病室の廊下を行き来してもいる」と付け加えた。

息子のイ・ジェヨン副会長が今年2月贈賄容疑で拘束された後、イ会長の健康状態が外部に知らされたのは今回が初めてだ。イ・ゴンヒ会長の病状は、2014年に彼が突然倒れた以降、グループ未来戦略室を通じて「徐々に快方に向かっている」など状態が伝えられもした。その後、サムスングループの未来戦略室が主要社長団会議後に行っていたブリーフィングを2015年下半期に廃止し、イ会長の健康に関する情報も途絶えていた。先月20日、イ・ゴンヒ会長の夫人ホン・ラヒ前サムスン美術館リウム館長は、釜山海雲台区(ヘウンデグ)のある寺を訪ね、水陸斉を行った。





水陸斉が行われた大雄殿には、イ・ゴンヒ会長とイ・ジェヨン副会長の名前が書かれた花が立てられていたことが分かった。水陸斉とは、水と陸にある孤独な魂をなだめるために行う仏教儀式で、ホン・ラヒ前館長は病院にいる夫と拘置所にいる息子のための祈願を上げたと見られる。

これに関してサムスングループ未来戦略室出身関係者は「イ・ゴンヒ会長の病状の変化について知っている人は社内にいない」と話した。イ・ジェヨン副会長など家族以外にはチェ・ジソン前サムスングループ未来戦略室長(副会長)が病室を頻繁に訪れていたことが分かっているが、3月に未来戦略室が解体されて会社を去り、現在はイ副会長と共に裁判を受けている。サムスンソウル病院はイ会長が入院中の20階VIP病棟の出入りを統制している。
http://japan.hani.co.kr/

【管理人 補足記事&コメント】
中央日報は2014年10月に、5月10日に急性心筋梗塞で倒れ入院しているサムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長が、車いすに座る水準まで回復したことがわかったとし、財界によると李会長は最近病室で周辺の助けを受け車いすに座ったり病室内で短いながらも移動していると伝えている。 人を認識してコミュニケーションするほどではないが、ベッドで寝たきりの状態と車いすに座れる状態では差があるというのが医療界の解釈だ。これについてサムスン医療院は、李会長の具体的な医学的状態に対しての言及は避けたが、「(李会長の健康状態が)確実に良くなっているのは事実だ」とした。李会長の症状を見守ってきた心臓分野の専門医は、「明確な認知状態がなくても起こしていすや車いすに座ることができるなら非常に期待できるほどの肯定的な信号だ」とした。

この報道がもし本当であれば、その後何も変わってはいないことになるだろうし、当初植物人間となったわけで、2016年には「李健熙サムスン電子会長が死亡した」というウワサが、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを中心に急速に拡散しながら関連株価が大きく波打った。もっとも死亡説は李健熙氏が入院した後の過去2年余りの間に7~8回繰り返されている。ただ経済的には、良好と言う側面と、生きているという事での影響力は大きい。とはいえ何故このタイミングで報じるのかは不明だ。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月02日 09:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp