韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  なぜ日本は起業率が低いのか・・・ダイナミズムを生めない日本経済

なぜ日本は起業率が低いのか・・・ダイナミズムを生めない日本経済

日本は他の国と比べて起業率が低いことが知られている。起業率が高ければ経済の新陳代謝が活発だと言えるが、日本の場合はリスクを取りたがらない傾向があるためか、起業率が低く、経済もなかなか活性化しないのが現状だ。
 
中国メディアの和訊はこのほど、「日本の起業ムードの低さが、日本経済の致命的な欠点」と批評する記事を掲載し、日本経済の動向を見定める鍵として、日本人の起業意欲について考察している。
 
総合人材サービス会社ランスタッドホールディング・エヌ・ヴィーが世界の33の国および地域で実施する労働者意識調査によれば、日本の調査対象者の68.9%は「起業したいと思わない」と回答し、調査対象国のなかで最も高い割合となった。18ー24歳の若年層においても、日本の場合は起業意欲の低さが顕著であり、「より多くの機会を得るために起業したい」と回答したのは日本では28.3%にとどまり、グローバル平均の63.8%を大きく下回った。




記事は、日本人の起業意欲の低さは日本経済の20年に及ぶ不振が影響しているとし、起業して新たな競争のなかに身を置くという意識が育たず、リスクを恐るあまりに終身雇用や年功序列といった安定を求める風潮が広まっているとした。 一方、現在の中国政府は「大衆が起業し、すべてを新しく創る」ことを推奨しており、起業者は1億2000万人に及び、人口の約9%を占めるまでに拡大していると指摘。こうした起業意欲のもとで中国では競争が生まれ、古いものや劣るものが淘汰され、経済の新陳代謝が進んでいると言えるだろう。
 
また記事は、日本は起業するための環境も整っていないとし、ベンチャー企業に対する投資額が他国と比較して少ないことや、海外と比較するとベンチャー企業に対する関心が低いとした。こうした要因ゆえに特に若い世代の起業意欲が低くなっているとし、こうした要因こそがダイナミズムを生めない日本経済の致命的な欠点の1つであると伝えた。
http://news.searchina.net/

【管理人 補足記事&コメント】
日本では毎年、12万社近くの法人が新設されている。県別でみると沖縄県が起業率1位。日本の起業数に比べ、アメリカでは毎月55万社程が設立され、1,440万人ものアメリカ人が働いていると言われる。米国における労働者人口の6.6%にあたる数字だ。内需国の日本人がイメージする仕事とは、既存の企業に就職し、仕事をすることである。学校も教育もいい会社に就職するための勉学である。良い大学に入るのもいい会社に入りやすくするためとなる。一方でアメリカでは仕事で起業をイメージする人も少なくない。一流は起業し、二流は大企業に就職するという話もある。アメリカでは起業が身近にあるという事だ。

日本で起業する際の資金調達は厳しいものがある。銀行などはなかなか融資してくれない。投資してくれる人や会社は殆どないわけで、自己資金も充分に備えることも難しい。結果、起業のハードルも上がってしまう。アメリカが起業しやすいと言われる理由は資金調達が簡単であるという事が理由にある。アメリカ人はハイリスク・ハイリターンを好み、投資も活発だ。投資しても失敗が多いが、どんどん投資する。日本における仕事に対する考え方一つとっても、就職をと起業では大きく違うわけで、内需で潤っている国であるから、なおさらである…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月02日 10:44 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
これからの農業
国の違いがビジネスの違いに現れます。
中国(中共)は過去の全否定=中共政権の肯定、という図式で
産業を振興する。政策に乗ればチャンスがあると。

日本はあらゆるカテゴリで企業が埋め尽くされた状態です。
新ビジネスは企業の中から出てくる。
過去20年間で、自動車産業における最大のビジネス開拓は
トヨタのハイブリッド車でしょう。
2010年代の日本の最大のチャレンジは法人農業ではないか。
[ 2017/08/02 14:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL