韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  韓半島戦争説まで米大統領の口から出たが…

韓半島戦争説まで米大統領の口から出たが…

トランプ米大統領の口から北朝鮮との戦争の話が出てきたという。1日(現地時間)、米共和党のリンゼー・グラム上院議員によると、トランプ大統領が「北朝鮮の(核ミサイル)プログラムと北朝鮮を破壊するための軍事的オプションが存在する」とし「もし彼らを防ぐ戦争がある場合、それは向こう(韓半島)になるだろう」と述べたということだ。グラム議員は「数千人が死亡するとすればそれは向こう側(韓半島)で死ぬはずであり、ここ(米本土)では死なないとトランプ大統領が話した」と伝えた。

その間、米国が北朝鮮に対する攻撃を暗示したことはあるが、「軍事的オプションも排除しない」という程度だった。今回のように北朝鮮との戦争を具体的に、それも米大統領が自ら発言したことはなかった。前後の脈絡がどうであれ、トランプ大統領の頭の中にこうした韓半島(朝鮮半島)戦争シナリオが存在するという事実だけでもぞっとする。トランプ大統領は数千人というが、韓半島で戦争が発生すれば数十万-数百万人が死亡することになるはずだ。




ただ、同じ時間にティラーソン国務長官は正反対の発言をしたという事実にも注目しなければいけない。ティラーソン長官はこの日、「米国は北朝鮮の敵でも脅威でもないことを伝えるために努力している」とし「北朝鮮が望む安保と経済的繁栄に関連し、未来について対話することを望む」と明らかにした。米国の対外政策のナンバー1とナンバー2が完全に違う対北朝鮮メッセージを出したのだ。

こうした相反するシグナルが出てきたのは米国が「圧力」と「懐柔」という2つの戦略を同時に駆使するためだろう。米国の対北朝鮮基本路線である「最大限の圧力と関与」戦略だ。この最大限の圧力戦略こそ北朝鮮との対話を引き出す最善の案だ。想像もしたくない韓半島での戦争を避けるには、国際社会の強力な対北朝鮮制裁に積極的に参加する以外に方法はないということを銘記する必要がある。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
グラム上院議員(共和党)は1日、米国を標的とする核弾頭搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発を阻止するため、トランプ大統領が北朝鮮との「戦争」も辞さないと語ったとNBCテレビの番組で明らかにした。グラム氏によると、トランプ氏は「戦争が起きるなら向こうでやる。大勢が死ぬが、米国ではなく向こう側で死ぬ」と話したという。グラム氏は、北朝鮮がICBM開発を続けるなら「軍事力行使は避けられないだろう」と述べている。

産経ニュースは、グラム氏はまた、大多数の軍事専門家が示している軍事攻撃への慎重論は「誤りだ」と断じ、「北朝鮮の核計画と北朝鮮そのものを崩壊させる軍事的選択肢は存在する」と主張。その上で、「北朝鮮が(行動を)変更しなければ(軍事的選択肢は)避けられない。北朝鮮は、大統領に地域の安定と米本土の安定のどちらを選ぶのか選択を迫っている」と強調したと伝えている。トランプの頭もすぐエスカレートする低レベルであるから、可能性はあるが、その先にある朝鮮半島をどうするのかと言う部分では、トランプは興味を示していないわけで、それだけにトランプもまた何を実施するのかは見えてこない。

タイミング的には、北が本当の意味で脅威となる前に叩くのが理想だが、ロシアと中国としっかりと話を進めておく必要がある。損得計算だけで外交ができないトランプにそこまでの技量はないだろう。今の日本政府では心もとないのも事実。互いの国が心もとなく統制が取れていない時こそ危険ともいえるが…。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月03日 10:33 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(2)
傷だらけの..
何から何まで 真っ暗闇よ
 筋の通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても
馬鹿と阿呆の 絡み合い
 どこに男の 夢がある

てな感じっすかねぇ~
[ 2017/08/03 21:01 ] [ 編集 ]
でも..
 日本の今の政局にも当てはま
りそうなトコロが、悲しいカナ?。
[ 2017/08/03 21:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL