韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  中国人より日本人の方が気にする、中国のあるもの

中国人より日本人の方が気にする、中国のあるもの

2017年8月1日、新華網は「この件について、日本人はどうして中国人より気にかけるのか」と題するコラム記事を掲載した。記事は、先日中国で放送されて人気を博した司馬懿の視点から描く初の三国志関連ドラマが日本でも一部ネットユーザーの間で注目されたと紹介。「実は日本人の三国志に対する興味は中国人に引けを取らないどころか、それを上回る勢いなのである」と評した。

そして、神戸市長田区の商業エリアには三国志の登場人物の像や三国志をテーマにした施設があり、定期的に「三国志祭」が開催されること、日本国内には数多の「三国志サークル」が存在し愛好者の知識は中国人として冷汗が出るほとであること、「三国志検定試験」まで存在し毎回多くの市民が受験料を払って参加することを伝えた。また、「三国志は日本の漫画やゲームにも大きな影響を与えた」とし、その代表として横山光輝氏の漫画「三国志」を挙げ、「コンピューターゲームの世界では三国志をテーマにした作品があふれている」と紹介した。





さらに、高度経済成長期には多くの学者や経営者が三国志から人材起用や経営管理を学ぶ風潮が生まれ、パナソニックの創業者である松下幸之助氏もかつて「三国志の人物の知恵は、自分にとって一番の師である」と語ったと紹介している。

日本人が三国志を熱愛する文化的な原因について、記事はストーリーの随所に出てくる「忠君」を挙げた。また、戦乱の時代を武力で勝ち抜く「尚武の精神」も、日本の武士道にマッチするものであると解説している。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
古代中国の武将たちが活躍した「三国志」は、日本においては古来から非常に人気がある物語の1つといえる。この物語は中国では一般的に「三国演義」と呼ばれている。日本人は諸葛亮孔明を「崇拝」するほど好んでおり、孔明に魅了されている。さらに「日本の三国志ブームとはすなわち孔明ブームのこと」と指摘する声もある。孔明が示す忠誠や義また天才軍師としての役割が日本人を魅了しており、それゆえに孔明は日本人にとって三国志の物語に魂を吹き込む最も重要な人物となっている。 武士による軍事小説が日本文学のなかでも人気のある分野でもある。

中国メディアは、小説家である吉川栄治氏の現代小説「三国志」が日本に与えた影響は非常に大きいと伝えている、吉川氏が小説という形式をもって三国志を記したために、この物語は日本人の思想や感情に溶け込んだという説明だ。さらに吉川氏の三国志は、大人気となった横山光輝氏の漫画版三国志の原作にもなった。一方、中国では三国志にあたる三国演義は四大奇書や四大名著の1つに数えられているが、同じく四大奇書や四大名著に数えられる「水滸伝」のほうが人気がある様だ。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月03日 11:23 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp