韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子が「88インチのQLED」でテレビ市場に勝負

三星電子が「88インチのQLED」でテレビ市場に勝負

三星(サムスン)電子が88インチのQLEDテレビを出して、「超大型テレビ」の戦略で差別化に乗り出す。三星電子は今月から韓国を含む北米、東南アジアなどの主要市場にQLED 88インチテレビを順次発売すると、2日明らかにした。価格は出庫価格基準で3300万ウォンとなる。既存に発売したQLEDテレビの中では最大である75インチ製品(1040万ウォン)の3倍以上の価格である。

三星電子がこれまで市場の主力プレミアム製品群に分類された50~65インチ台より大きなテレビを打ち出す理由は、中国などの後発走者らの追撃が激しくなる状況の中、市場参入障壁を高める戦略と解釈される。電子業界の関係者は、「50~65インチ台の価格を引き下げる戦略では、猛スピードで追ってくる中国企業との競争にならない」とし、「最近は『ネットフリックス』などの超高画質(UHD)コンテンツの提供が増えただけに、75インチ以上の超大型テレビ市場で新たな勝負がかけられる環境が造成されたと受け止めている」と解釈した。





三星のQLEDテレビは、量子ドットディスプレイ技術を基盤に、世界で唯一「カラーボリューム」を100%表現できる。カラーボリュームとは、明るさに応じて変化する微細な色の変化までを正確に測定できる新しい画質基準である。どんな明るさでも色あせしたり、つぶれたりする現象なしに自然色に近い色合いで表現できるという意味だ。
http://japanese.donga.com/

【管理人 補足記事&コメント】
サムスン電子が12日、テレビ製造企業だけが共有する市場調査資料をメディアに公開した。米国市場調査会社NPDと米国を除いた56カ国の市場を調査するGFKの資料を総合し、世界テレビ市場の流れを見せたのだ。韓国メディアで前日に紹介された市場調査会社IHSの調査とは結果が違った。サムスン電子がこうした内容を公開するのは異例だと中央日報が報じている。 IHSの調査では、1500ドル(約16万5000円)以上のプレミアムテレビ市場はソニーが、2500ドル台の超プレミアムテレビ市場はLGエレクトロニクスが1位だった。サムスン電子はともに3位だった。

しかしGFK・NPDの調査では、サムスン電子が1500ドル以上の市場でシェア45.9%と1位を維持していた。2500ドル以上の市場でも1-3月期には32.8%と、LGエレクトロニクス(33.0%)に比べてわずかに低いが、4月の調査では37.8%と1位を取り戻した。IHSの調査で1位だったソニーは1500ドル以上の市場で16.8%、2500ドル以上の市場では21.1%で3位だった。 全体のテレビ市場ではサムスン電子が確固たる地位を築いている。金額基準(28%)でも数量基準(21.6%)でも2位のLG電子の占有率(各14.4%、13%)を大きく上回った。ソニーは金額基準の市場占有率が7.8%、数量基準の占有率が4.7%を記録し、それぞれ3位、5位にとどまった。

しかし、テレビ市場の真の勝者はプレミアムテレビ市場で決まるというのが業界の不文律だという。中国メーカーの乱立により、中低価格テレビは今後飽和状態の市場になるとみられている。営業利益のためにしろ、ブランドイメージのためにしろ、プレミアムテレビ市場を掌握しなければ、最後まで生き残る商売は不可能だということである。 ここで問題になるのはプレミアムテレビ市場の定義があいまいだという点。サムスン電子はその基準を解像度または画面の大きさにすべきと主張している。サムスン電子関係者は「パネル技術が発達し、高画質の大型テレビの価格は下がり続けている」とし、「60インチ以上のテレビやUHD以上の画質のテレビではサムスン電子が圧倒的な1位」と強調した。

一方、ソニーやLG電子は「プレミアムテレビの基準は価格で決めるべき」と主張している。高価な有機ELテレビ(OLED)に注力しているLGはプレミアムラインの価格帯が比較的高い。14年以降テレビ事業の構造改革を進めてきたソニーもプレミアムテレビだけに集中し、平均の販売価格を14年の5万7000円から17年には6万7000円に上げた。さらに、今年4月にはOLEDテレビを発売し、全般的な価格帯をさらに引き上げた。ある金融投資業界関係者は「OLEDテレビの需要が増えればLGディスプレイのOLEDパネル生産の単価が下がり、LG電子もOLEDテレビの価格競争力を確保できる」とし、「LG電子は内心、テレビ市場でソニーが善戦することを応援しているだろう」と予想している。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月04日 09:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp